人気ブログランキング |
ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『暮らし上手の発酵食』に掲載されてしまいました

c0216405_872911.gif

枻(エイ)出版から出ている
『暮らし上手〜』シリーズは結構好きで
何冊か所有しております。
で、このたび、おこがましくも、
『暮らし上手の発酵食』というタイトルの本に
掲載していただきました。
表紙の、漬けてあるお魚がおいしそう!
c0216405_875265.gif

我が家があまりに狭くてぼろいから
引越しして、素敵に、暮らし上手っぽく
麴料理家はこーでねーと、とコーディネートして(!)
ハッタリかまそうともくろんでいたのに(笑)
引越し前の我が家での撮影です。
人生なんて、そんなもんすね(大げさ)。

でも、カメラマンさんがとても上手に
そんな事を感じさせない様に、
可愛く撮影してくださいました。
感謝!

そしていつもはスタイリストさんに
食器のスタイリングや盛りつけを
お願いしているのですが、今回は
「我が家の暮らし」という事で
普段使いの皿に自分で盛ってみました。
うちに来る友人達にはおなじみの雰囲気でしょ。
イイホシユミコさんの食器と、ばーちゃんの食器、
鳥食器に助けられております。
いつもは、食器と盛りつけで、お料理が
「おめかししてもらった」感があるのですが
今回は妙にリアルなので、不思議な気分です。

なんだか本物の暮らし上手さん達に囲まれて
ひときわ庶民的な香りを醸し出しておりますが
ご興味のある方は、ご一読下さいませ〜〜〜♡

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

お引っ越しは月末ですが、早く引っ越して
落ち着きたいものです。
って、まだなーんにもやってないんですけど(笑)。

☆2012.5.28『麴のおつまみ』(池田書店)発売です!

☆「小説すばる」にて、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』好評連載中!

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-06-28 08:09 | 掲載誌

おばーちゃんの食器とおかーさんの鍋

c0216405_8292651.gif

大分の山奥にある祖父母の家には、
今はもう誰も住んでおらず
古い日本家屋は朽ち果てるのを待つばかり……
というような状況になっているのですが、
たまには墓参りでもせにゃーいかん、
って事で、先日、福岡への帰省の際に、大分に行き
墓参りついでに、親も親戚も全員スルーしていた、
古いリアルデットストックの食器を
大量にゲットしてきました。

昭和感あふれる食器の数々は、
幼い頃に祖父母の家で
いつも使っていた懐かしいもの。
ガラスの器や酒器、古めかしい絵皿など、
なんとも愛らしいものばかり。
若い頃は、土ものの、無骨でシンプルなものが好きで
(今も好きですけど)こういう、柄がはいったものは
あまり好きではなかったのですが、歳のせいか
こういう柄物や、ちょっとしたポイントがある
古くさい食器がちょっと良いなぁ、
と思えたりしてます。

なので、これらの食器を救出し、洗って熱湯消毒もして
今度引越する新居で使おうという算段。
いや、小料理屋でもできそうな数ですね。
これでもまだ、泣く泣く置いてきたものも
あるんですよ〜。
c0216405_82949100.gif

そしてもう一つ、実家の倉庫の奥の方から
発見してしまった、直径24cmの無水鍋。
…と思ったら、無水鍋とほぼ同じと思われる
ニュー吉岡鍋というもの。
こちらは母が若い頃に実際に使ってたものなので
今とは少し取っ手や形が違うのかな?
1972年初版の、このお鍋用の料理本の
味わいが泣かせます。
(手書きのメモあり)
ちょうどこれくらいの大きさの、アルミの鍋が
欲しかったので、こちらも洗ってきれいにして
(これでもきれいになったんですよ〜)
使おうかと思ってます。

私は、古いものを大事に大事にしたりする
できた人間ではないのですが
でも、好きなものは変わらずにずっと好きで
しつっこく使ったりします。
なんとなく、祖母や母が使ってたものを
自分も使う、という事がちょっと嬉しいですね。
大事に…というか、フツーに日常に
ガンガン使っていってやろうと思ってます。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

先週は小説すばるの取材で熊本、鹿児島に行き、
今週は福岡と大分に帰省。九州過ぎ〜。

☆2012.5.28『麴のおつまみ』(池田書店)発売です!

☆「小説すばる」にて、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』好評連載中!

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-06-27 08:32 | 番外編

『小説すばる』麴巡礼 其ノ参 です。

『小説すばる』にてひっそりと連載中の『麴巡礼』。
全国の麴食品を巡る旅日記です。
今回は少し味わい深い写真風に加工してみました。
でもピンぼけ、という、基本的な部分がなっちゃいません。
c0216405_12234825.gif

最新号(7月号)の、其の参は、
岩手県陸前高田市にあり
震災の被害にあったお醤油屋さんの麴さんと、
宮城県気仙沼市の郷土料理「あざら」という
酒粕を使った料理の麴さんに会いに行きましたよー。
c0216405_1224012.gif

被災地に行ったのは今回が初めて。
やはりテレビで見るのとは違い、
生々しい震災の傷跡に、心臓が少しドキドキしました。
私なんぞは気の利いた言葉のひとつも
言えやしないのですが
津波に何もかも根こそぎもっていかれて
さらに、原子力発電所から放射能が漏れて
すべての山の幸、海の幸が
被害を受けているというのに
それでも尚、原子力発電所を使おうとする
我が国の政治家さんの考えが理解できません。
節電するって言うてますやん。
節電してますやん。

震災の被害に遭っても、麴さん達は
元気に醸しておりました。
だけど放射能の被害にあった麴は
海は山は、どうしたら良いんでしょうか?
もうかんにんしておくれやす。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ニュースを見ながら憤慨し、思わず手に持っていた
iPhoneをテレビに投げつけそうになりました。
それはそれで大惨事なので、グッとこらえましたよー。

☆2012.5.28『麴のおつまみ』(池田書店)発売です!

☆「小説すばる」にて、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』好評連載中!

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-06-18 12:26 | 掲載誌

『全国農業新聞』に掲載されてました。

c0216405_16265332.gif

少し前の話になりますが、『全国農業新聞』という
新聞に4月27日(水)に掲載されておりました。
なぜ過去形かというと、もろもろの手違いで
先日、うちに届いたからです(笑)。

こういう新聞はなかなか普段読む事がないのですが
私の記事もきちんとまとめていただいて、好感のもてる
優しい雰囲気の新聞でした。

最近ではすっかり市民権を得た感のある
塩麹ですが、やはり取材で話をしたり、
実際に作って食べてもらったりすると
「こんなにおいしいものだったんですね!」と
驚かれます。
別に私がすごい訳ではなく、麴がすごいのですが
なぜか私が誇らしげな気分になって
「でしょでしょーーー」なんて
浮かれてしまうのです。

さぁて、今日は何を作ろうかしら♪
c0216405_16271427.gif

画像は、先日の友人宅での飲み会に
持って行った、鶏ハムとグリーンピース&
カニかま入り卵焼き。
私のカメラで友人が撮ってくれました。
同じカメラで、なぜこうも違うのか…(笑)。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

引越の手続き色々で、もう、
訳がわからない事になってます。
早くあんな事やこんな事がしたいのですが、
時間や予算がついていきません。。。

☆2012.5.28『麴のおつまみ』(池田書店)発売です!

☆「小説すばる」にて、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』好評連載中!

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-06-05 16:28 | 掲載誌

会員制バー・ニューチェリーへの道-其の壱

c0216405_1922436.gif

私は昔、代官山に建っていた、すごく古い木造の、
わりと広めのアパートに住んでいました。
駅からも近いし、ずいぶんと雰囲気のあるアパートで、
窓の外には緑の借景が美しい、
ステキな場所だったのですが
あまりの老朽化の為に引っ越さねばならず、
荷物をずいぶん捨てて、中目黒の、ごく普通の
やはり木造のアパートに自宅として引っ越し、
事務所として何人かでシェアしている、
池尻大橋のマンションを借りました。
c0216405_1933966.gif

それから3年半くらいが経ちましたが、
その間に仕事が激変。
今まで事務所でパソコンに向かって、
イラスト描いたりしていたのが、
麴の料理本を出し、思いがけず話題になり、
息つく暇がなく、
自宅の小さいキッチンで料理をしてはレシピを作り、
事務所では今までやっていた、料理以外の仕事をして、
雑然とした会議室を借りて、
雑誌のインタビューに答えたり、
撮影は友人のスタイリストさんの
ご自宅をお借りして……と
どーにかこーにか、つぎはぎだらけでやってきましたが
ここらで一発、引っ越しでもして、自宅兼事務所にでも
しようではないか、と一念発起。
知り合いに不動産屋さんを紹介してもらって、
部屋探しを始めました。

動き出したら早い私。
桜新町に、古いけど、とにかく風通しが良い
マンションを見つけました。
まだ、前の住人さんが住んでいらっしゃるし、
さすがに築31年なので、
水回りのリノベーションだけ
やってもらおうと思っているので
引っ越すのは夏になりますが、
キッチンにカウンターを設置して、
飲み屋さんごっこができる様にしたいなぁ、
ともくろんでおります。
イメージは、居心地の良い、昭和風隠れ家バー。
店内は狭くて、席は数席しかなく、
お通しは「昨日の残り」みたいなお総菜。
生ビールじゃなくて、瓶ビール。
他は焼酎、日本酒、角ウィスキーなんかあれば充分。
名前は「バー・ニューチェリー」(笑)。

そんな妄想をしつつも、
割とコンパクトに暮らしていたので、
引っ越した所で、しばらくの間は
スッカスカだと思いますが
少〜〜〜しづつ、
色々そろえていきたいなぁ、と思ってます。

また、暑くなってきたら、お引っ越しの様子なども
お伝えしていきますね〜。

写真は現在の自宅のお洒落スペースと
コックピットの様にモノが配置された台所。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

そんな訳で、ブログの更新も滞っておりました。。。
ああ、早く落ち着きたいです!

☆2012.5.28『麴のおつまみ』(池田書店)発売です!

☆「小説すばる」にて、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』好評連載中!

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-06-02 19:07 | ニューチェリー