人気ブログランキング |
ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

花見酒論

ここの所はずっと
バタバタと仕事をしているのですが、
桜の花もちらほら咲き出しているのを見かけて
そろそろソワソワしてきております。

前にも欄外に少し書きましたが
お花見には焼酎のお湯割りか
おいしい日本酒をおすすめ致します。

花見といえばビール! と思いがちですが
よく、思い出してみてください。
花見の時期はたいてい寒いです。
ビールなんて飲んだら、
よけいに身体が冷えてしまいます。
するとトイレが近くなりますね?

楽しい宴会の輪を抜け出して
トイレに行くのも寂しいし
たいがい、トイレまで遠いし
たいがい、不衛生な事が多いです。

なのでできる限り
行かない様にしたいじゃないですか。

という訳で、コップ付きの魔法瓶や
保温できる水筒にお湯をいれて、
紙パック(軽いから)の焼酎で割ると
身体も温まるし、そんなにたくさん量も飲まないし
お湯で割っているので、そんなに悪酔いもしないので
おすすめです。

良い日本酒もおすすめです。
やっすい日本酒だと、うっかり飲みすぎると
頭が痛くなる可能性があるので
ちゃんとおいしい日本酒を
水飲みながら飲むと悪酔いしません。
日本酒は身体を温める効果がありますし。

おつまみはもちろん、塩麴をつかったお料理だと
冷めても固くならないし、味も染みていて
おすすめですよ〜♡
まぁ、時間がなければ、スーパーなんかで
から揚げとか枝豆とか買っても良いと思います!

以上、私の花見酒論でした。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

こんな事書いてないで、はよ仕事せい、私。
そして、こんなに塩麴ブームだというのに、
意外と話題にならないのが不思議な、料理本とセットになった楽曲。
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-03-31 13:12 | 番外編

Web L25 R25に塩麹紹介されてます。

東京圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)の駅などに
時々置いてあって、手に入るといつも
「ラッキー♪」と思っていた、リクルートさん発行の
フリーペーパー「L25」。
男性を対象としているR25もおもしろいのですが
女ですもの、女性(主にOLさんなど)を対象としたL25も
やはり興味深いネタ満載でおもしろい。

そんなL25さんとR25さんに
塩麹話を掲載していただきました。
今回はWebのみの配信らしいのですが
興味ありましたら、ご確認下さいませ〜。

○PCより
・L25ホームページ
・WebR25

ライフ・マネー > 女子の気になることが分かる!コラム >
○ケータイ
http://m.l25.jp

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ここの所、家に引き籠もってお仕事する事が多く、
動かない上、ストレスも溜まって呑んでしまうので
際限なく膨らんでいっております。
下半身を中心に膨らむのは、
いわゆる「中年太り」というものでしょうか?

そして、こんなに塩麴ブームだというのに、
意外と話題にならないのが不思議な、料理本とセットになった楽曲。
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-03-30 13:57 | 掲載誌

『自然食ニュース』『けんこう』に掲載されました。

c0216405_10514457.gif

自然食ニュース社さんが出されている、
『自然食ニュース』『けんこう』という
二冊の小冊子に掲載していただきました。

酒は呑むわ、肉も魚もなんでも
食べてしまう雑食なのに
こんなまじめな冊子に掲載されたらいかんだろうと
初めはお断りしたのですが、
雑食でも良いとの事でしたので、
掲載していただきました。
ですが、あまりに顔写真が大きすぎるので
社会の為に、ぼかしたり隠したりしてみました。
自然食品屋さんなんかに、置いてあったりするそうです。


毎日歩いている、目黒川沿いの桜のつぼみが
ぷっくりと膨らんできて、
花咲く準備をしている様です。
もうすぐ、色々な花が咲き始める季節。
ちょいと苦みのある春野菜なんかいただいて
目を覚まし、動き出したいですねぇ。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

コップ付きの魔法瓶にお湯入れて、紙パックの焼酎買って
唐揚げやサンドイッチなんかも買って
目黒川沿い(池尻近辺はすいてます)で夜桜見物。
毎年寒かったり、風が強かったりして大変なのに
必ず実行!

そして、こんなに塩麴ブームだというのに、
意外と話題にならないのが不思議な、料理本とセットになった楽曲。
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-03-27 10:57 | 掲載誌

『はなまるマーケット』に少し出ました。

テレビとかがものすごく苦手なので
忙しいのを理由にお断りしたりもしているのですが
(すいません)
また、『はなまるマーケット』にほんの少しだけ
出演してしまいました。
苦手、とか言いながらおニューのエプロンを身につけ
ひくーい声でぼそぼそと、いっぱいいっぱいで
口とんがらせて、なんかしゃべってました、私。
もう、恥ずかしい死にしそうです。

まぁ、私の形状はともかく
芸能人のみなさまもはまってるという塩麴。
このまま安定した人気がしばらくは続きそうですね。
昔に比べて、やっと麴が買いやすくなった…
と思ったのも束の間、
また、買いづらいのがちょいと不満ですけど(笑)。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

気づいたら2ヶ月も美容院に行ってなかったので、
髪の毛もぼっさぼさ〜(泣)。

そして、こんなに塩麴ブームだというのに、
意外と話題にならないのが不思議な、料理本とセットになった楽曲。
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-03-23 11:15 | 掲載誌

昨夜の晩酌

c0216405_102899.gif

掲載誌ばかりもなんですし、
少し余裕も出てきましたので、久しぶりの晩酌。
いや、呑むのは毎日呑んでいるのですけど(笑)。

今日の肴は
カボチャ、ひよこ豆、ちりめんじゃこの
塩麴カレー炒め。

魚肉ソーセージ、ほうれん草を、いただきものの
三五八漬けの素で炒めて最後に韓国海苔を混ぜたもの。

茹でたちぢれほうれん草に
甘口の醤油をかけただけのもの。

ほとんど、残り物整理メニュウですけど♡

ほうれん草だらけですが、ちぢれほうれん草が
めっちゃ味が濃くてプチブーム。
お味噌汁とか、ものすごくおいしい♡

もちろん、これだけじゃあ足りず、
まんま、魚肉ソーセージかじってみたり
まんま、韓国海苔かじってみたり
色々おかわりしながら
ダラダラ呑むのが幸せ♪

あ、今日のお酒は、我が家の定番中の定番。
黒霧島(芋焼酎)お湯割り。
私は転勤族でふるさとがなかばってん、
両親は九州やけん、焼酎は鉄板たい。
いや、日本酒も洋酒も好いとーよ♡

こんな事ばっかりしていて、
塩麴が身体に良いだのなんだの言いやがって
(あ、私の事です)。
呑みすぎやっちゅうねん(笑)。

以上、昨夜機嫌良く
酔っぱらいながら書いた文章でした。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

しかも相変わらず写真が下手すぎますね。
美術系の学校だったので写真の授業もあって
暗室でモノクロ写真現像したりしたのに〜

そして、こんなに塩麴ブームだというのに、
意外と話題にならないのが不思議な、料理本とセットになった楽曲。
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-03-18 10:32 | 晩酌

『ゆがふる。』5月号に掲載されました。

c0216405_9593498.gif

『ゆがふる。』という雑誌の5月号で、塩麴の監修をしました。

紙媒体のお仕事が好きで好きで、
ずっと本や雑誌の仕事をやらせてもらっているので、
紙媒体ならばできる限り協力をしたい、と
思うのですが、ここの所の塩麴ブームで
取材をされすぎており、そうもいかず
監修ばかりになっております。
c0216405_100422.gif

昔からずっとやらせていただいている、
レギュラーのお仕事の人たちに
迷惑をかけるわけにもいきませんしねぇ。
かけてますけど(笑)。

あともう何週間かで桜舞い散る春がきますね。
少しだけ落ち着いてきて、そんな余裕も出てきました(^^)
それでもラジオから最近やたらに『塩麴』という
言葉が聞こえてくるので、
その度になぜかどきどきしたりしております(笑)。

早くお弁当もってお花見に行きたいですね〜〜〜♡
絶対毎年寒くて、すぐ居酒屋に移動しちゃうんですけど!

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

最近、ブログの内容が掲載誌のお知らせばかりで、
うっとうしいかと思います。
これが「ブーム」というものなのですね。
人間、四十数年も生きていると、色々な事を経験するものです。
そして、こんなに塩麴ブームだというのに、
意外と話題にならないのが不思議な、料理本とセットになった楽曲。
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-03-17 10:05 | 掲載誌

『くらしの知恵』に掲載されました。

c0216405_9524733.gif

『くらしの知恵』は、共同通信の加盟新聞社が
読者に無料配布している月刊の小冊子なのだそうです。
スタイリストはいつもお願いしているいとうゆみこさん、
カメラマンさんは超ベテランさんだったので、
若干緊張いたしましたが
どうも塩麴に興味津々だったらしく、
楽しく撮影させていただきました。
c0216405_9532627.gif

実はワタクシ、『共同通信社』が
どういう雰囲気の会社なのか興味があったので、
打ち合わせは御社でやらせていただきたい、と
自分で申し出たのですが、いやはや、
まわりに大きな会社が建ち並び、迷う迷う(笑)。
行きだけならまだしも、帰りまで迷ってしまい、
担当者さんに駅まで送ってもらう、というダメっぷり。

小さい(ごめんなさい)デザイン事務所勤務しか
経験がないものだから、ピッカピカの高い建物で、
広くて、社員食堂があって、仮眠室まである、なんていう
夢のような待遇に目がくらみそうでした。
若い頃、急ぎの仕事で事務所に軟禁されて、
広辞苑を枕にして仮眠(3日間で5時間睡眠!)
とってた悪夢を思い出します…。

まぁ、何が幸せなのかは人それぞれですが
(あれ? 何の話でしたっけ?)
すべての人が読める訳ではない小冊子ですが
もし、お手に取る機会がございましたら、
ご覧下さいませ〜♪

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

最近、色々な方がこのブログを見てくださっているので
ヘタな事書けないなぁ、とちょっとドキドキしております。
そして、こんなに塩麴ブームだというのに、
意外と話題にならないのが不思議な、料理本とセットになった楽曲。
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-03-11 09:59 | 掲載誌