人気ブログランキング |
ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

残り物弁当

c0216405_10254580.gif


今日のお弁当。

イカの丸焼き
だし巻き卵
揚げ春巻き
鯛のカマ焼き

こちらすべて、昨夜の居酒屋の残り物ナリ。

毎日お弁当箱を洗って持って帰っているので
恥ずかしげも無く、居酒屋での残り物を
持って帰ってお弁当にしてみました。
レンチンしていただきます。

なかなか豪華です(笑)。

さすがにごはんは自前。
緑米入り、七分づきのごはんの間には
海苔が隠されています。
アンチエイジングには海苔が良い、
とテレビで言っていたので(笑)。
その上に、父の手作りのゆかりちゃんに
ゴマをふりかけてみました。

最近は玄米より、七分づき米の方がお気に入り♡

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-01-31 10:28 | 番外編

パルシステムさんのHPに掲載されました。

パルシステムとは産直と環境にこだわり、
安全で安心な食材をお届けする生協(コープ)
なのだそうです。

で、そのパルシステムさんのHPで
塩こうじの作り方を紹介をしていただきました。
ワタクシはお料理のレシピ提供とイラストを
描かせていただきました。

最近、ぐりんぐりんにパーマをかけたので
イラストも同じ様にぐりんぐりんの髪型にしてみたら
麴なんだかワタシなんだか、よくわからなくなってしまいました(笑)。

最近、ちょいと丸くなってきたので、よけいに…(汗)。

そんな事はともかく、明るく、幸せな雰囲気に
仕上げてくれておりますので、良ければご覧下さいませ。


それにしても年末年始、取材が多かったです。。。
ひとまずは落ち着きますが、もう少し続きます。。。
がんばれー、ワタシ!

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-01-30 17:11 | 掲載誌

MAQUIA 3月号に掲載されました。

c0216405_22497.gif

今度の掲載誌はキラキラの女性誌のMAQUIA 3月号です。
塩麴ではなく、味噌と酒粕で鍋を作りました。
あ、というか、レシピを提供して、作ってもらいました。
c0216405_2244297.gif

良い雰囲気で、おいしそうに撮影していただいております♡
ショウガもはいってて、身体がぽっかぽかに暖まりますよ〜。
ちなみに、来月はお味噌レシピが2品掲載予定☆

それにしても、こんなキラキラした雑誌に
自分の顔写真が掲載されてしまうと
「私、地味〜〜〜〜(汗)」とか思ってしまいます。。。
うーん、ちゃんとMAQUIA読んで勉強して、キラキラせねば…。。。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-01-29 22:07 | 掲載誌

JT たばこ塩産業新聞

c0216405_14425550.gif

煙草をやめてからもう、10年以上経ちます。
やめてすぐは「煙草吸ってないおのちゃんなんて、
おのちゃんじゃない!」などと言われてましたが
今じゃあ「え? 煙草吸ってたの!?」などと言われます。
おもしろいもんですねぇ。

しかしなぜか我が家にはお女郎さんが使うような
頂き物の真っ赤な長キセルがあるので、
60歳を過ぎたら、着物でも着て、キセルでも吸おうかと
妄想したりもします。
カーンって灰落としながら、若い男子を叱ったりしてね(笑)。

で、『たばこと塩の博物館』の新聞に掲載していただきました。
ちょうどの所が折れ曲がっているのは、
私のせいではございません(笑)。
c0216405_14435979.gif

年末年始の、怒濤の取材攻撃の結果発表は、もう少し続きます。
ブームってすごいっすね。
ブームにのせられて、ぐるぐるに目が回っております。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-01-27 14:45 | 掲載誌

『暮らしの手帖』にちょこっと掲載

c0216405_13301881.gif

私は毎朝、目黒川という川沿いの道をてくてくと歩いて、
間借りしている事務所に通っているのですが
その途中に『COW BOOKS』という
雰囲気の良い古本屋さんがあります。

そこの店長さんである松浦弥太郎さんが
現在の編集長である、『暮らしの手帖』という雑誌があります。
ずーっと昔から、花森安治さんの時代から、
私も、私の母も大好きだった雑誌。

その雑誌の、56号の41ページの下の方の
1/9のスペースに、我が家の収納が掲載されました。
c0216405_13315477.gif

ううううううう、めちゃくちゃ嬉しい!!!!!

みなさん、古い家具などに良い感じで収納している中、
ありきたりなシェルフの中にびっちびちに
塩麴や味噌、果実酒、精製水に保温君(ヨーグルトメーカー)
などが雑多に詰まっております。

私にとっては「お宝」が詰まった場所なのですが(笑)
こんなベタな感じで良いのだろうか、と恥じつつも
大好きな雑誌に「選ばれた」というだけで
ものすごく嬉しかったのです。

お時間ありましたら、ご覧になってみて下さい♪

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-01-25 13:35 | 掲載誌

『食彩の王国』追記

『食彩の王国』の画面内で、ちらりと出ていた、
広くてお洒落で素敵なキッチン。
あたかも自分のキッチンという様な顔でしたが
あれは友人のご厚意でお借りしたキッチンです。

我が家の台所は、湯沸かし器が活躍する、
狭いながらも貧しい、だけど大好きな台所。
残念ながら狭すぎて、撮影には不向きだったのです(笑)。

まぁ、そんな事はどーでも良いのですが
なんとなく、「良い生活をしている人」と
思われるのが嫌だなぁ、と思うひねくれ者(笑)。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-01-24 08:57 | 掲載誌

『食彩の王国』にちょっとだけ出ます。

年が明けてから、もう何度か、塩麴についての
テレビ番組が放映されているらしいです。

私だって負けてられないわ!

(嘘です。テレビ出演苦手です。)

関東ローカル(たぶん)なのですが、
食彩の王国』という、大好きなテレビ番組に
ほんのちょっぴり出演すると思います。

テレビ出演の事を、事前にブログなどで公表しては
いけない、と聞いた事があるのですが、
番組のHPですでに公表しているので、まぁもう、
公表しても良いのでしょう。

テレビ出演は苦手なのですが、でもがんばって収録したので
せっかくならば見て欲しい、という、この矛盾(笑)。
それにこの番組は好きで、いつも録画して見ているのです。
なんだか食材に対しての愛が感じられるし、
薬師丸ひろ子さんの語りが優しくて良いのです。

カ・イ・カ・ン♡

(違うし、古いし。)

どんな絵に仕上がっているのか、私はわかりませんが
きっとエプロンつけたアンパンマンががんばっている事でしょう。
アンパンマンの頭の中には、薬師丸ひろ子さんの声がぐるぐる回ってます。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-01-20 15:21 | 掲載誌

寄席に行く

またもう、麴に関係ない話だし、写真も無いし。

私は時々、寄席に行きます。

お仕事をさせていただいてる呉服屋さんの
着物を着て、みんなで楽しく
お出かけ&お食事をしましょう、という内容の
イベントに参加した時に行ったのが
最初のきっかけだったのですが
それがとっても楽しかったので、
親や姪っ子が来た時など、一緒に連れて行くと
笑って笑って、楽しく過ごせるのです。

行くのはたいてい、鈴本演芸場
なぜならここはお酒が呑めるから(笑)。
そしてだいたい昼の部です。

予約はできないので、12時少し前に現地に行って
ちょっとだけ並んで入ります。
で、売店のおいなりさん&ビールやおつまみを買い
(家から持って行ったり、
お酒も売ってる、すぐ近くのコンビニで買うのもアリ)
お昼ごはんに、お茶やお酒を楽しみつつ見るのです。

演目は落語がメインなのですが、手品や漫才、
奇術に紙切りなどなど、バラエティに飛んでるし
普段、テレビには出ない人達が多いので
トークも少しブラックだったり、
ちょっとだけうらぶれた風味があって
たまらなく楽しい。

落語も、噺家さんの名前や噺のタイトルも
私は全然知らないのですが、大体すごくおもしろい。
何度か見に行くと、聞いた事がある話もあるのですが
その人の話術によって、そこに見える風景が全然違うので
そういうのを感じるのも、おもしろい。

で、16時には終わるので、そのままプラプラ、
蕎麦屋なんかに呑みに行っても良いし、
おいしそうな肴なんかを買って、
家に帰って呑んでも良し。
(どっちにしろ呑むんかい!)
一日、のんびり楽しく笑って過ごせるのです。

だいたいいつ行っても、外れた事はなく
大笑いできるので、東京近郊にお住まいの方には
とってもオススメですよー。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-01-15 09:11 | 番外編

ぬか床ふかふか

c0216405_10483339.gif

去年の9月頃から、なんの知識もなく
無防備に始めたぬか床作り。
ジッパー付きの保存袋にいれた冷蔵庫でのぬか漬けは
それなりにおいしかったのですが、
福岡においしいぬか床屋さんがあると聞き
11月に実家のある福岡に帰省した際に
そこで足しぬかと、ぬか床作りの本を購入し、
ちょこっとお勉強して、

○真夏は冷蔵庫にいれた方が良いけど、普段は
 常温の方が菌が活発に活動するので、常温が良い。

○毎日かきまぜて、空気をいれてやり、
 乳酸菌の異常発生を抑えてやる。

○野菜から出た汁は捨てないで、
 ぬかを足して良い水加減に保つ。

などなどを気をつけ、保存袋からタッパーに移して
常温に置き、塩麴をまぜる時に、一緒にぬか床もまぜ
ちゃんとかまってやってました。
c0216405_1049419.gif

で、先日、うっかり混ぜ忘れて(笑)1〜2日放置していて、
久しぶりに見たら、ちょっぴり容量が増えてる。
「あれ? こんなにたくさんあったっけ?」と思いつつ
混ぜてみると、なんだか空気をたくさん含んだ様に
ふわふわのふかふかなのです。

その前からずいぶんとぬかの味がすっぱくなり
「俺たち乳酸菌! 元気だぜ!(イメージ)」
という雰囲気だったので、発酵が進んで
ふかふかになったのでしょう。
c0216405_10493950.gif

うーん。
麴菌も相当可愛いが、乳酸菌もなかなか可愛いぞ♡
(この、浮気者め!)

なのでうちのぬか漬けは今のところ、
ぬかの臭〜〜〜い香りもせず、塩分少なめの
ピクルス風のお漬物になっております。
さわやかでイキイキした乳酸菌風味♪

菌を育てるのって楽しい〜!
金魚を育てるくらいの手間で育つので
皆様もいかが〜?

※教えてもらった、福岡のぬか床屋『千束』さん。
 ぬか床作りの本は、すごく読みやすくてオススメです!

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-01-04 11:00 | ぬか漬け

2012年お正月

c0216405_13484647.gif

あけましておめでとうございます。

正月早々ブログアップするなんて、
なんて寂しい女なんでしょう(笑)。

クリスマスあたりにひきかけた風邪を
無理矢理薬でねじ込み、年末にかけて
年賀状書いたり、呑んだり、温泉行ったり
呑んだり、呑んだりしていたら
年末にまんまとぶり返し、鼻水と咳にまみれた
年末年始となり、家で大人しくしているのです。
ゲホゲホ。
c0216405_13491369.gif

それでも食い意地だけははっているので
年末には根室の友人にいただいた毛ガニに
友人のお母様手作りの
鮭の飯寿司(鮭が麴まみれなの〜♡)!
手抜きお煮しめは塩麴と赤酒
(みりん風の熊本の灰持酒)
だけで味付け!
c0216405_13494430.gif

元旦は、赤酒と日本酒半々に漬けたお屠蘇。
これ、すごくおいしかったです!
赤酒は手にはいりづらいと思いますので
上等の(これ大事!)みりんで代用できます。
普段から呑もうかと思って、実は屠蘇散を多めに購入済み♪

手抜きお雑煮(九州風)は塩麴に漬けておいた鶏肉に
最近お気に入りの、ちぢみほうれん草。
(味が濃くてめっちゃおいしいです。)
それにしゃぶしゃぶ用の餅(少量ならこれが楽ちん)!
で、いりことカツオ節のお出汁に塩麴、
みりんとしょうゆをちょびっと。
雑煮好きなもので、思わずおかわりです。

去年は想像以上に本が売れ(そんなに儲けてませんが)
慣れない雑誌やテレビの取材、
2冊目の本の制作、ちょっとした麴の先生の真似事などなど
緊張とプレッシャーで、目の前の事を片付けていくのに
いっぱいいっぱいの日々でした。
それでもたくさんの人に
「麴の存在を教えてくれてありがとう!」
的な事を言っていただいて
しんどい反面、幸せでした。

今年ももう少し、麴の普及活動は続きますが
大げさでなく、のんきに楽しく、ゆるく自然に
麴がご家庭に蔓延できるよう、
マイペースでやっていきたいと思いますので
暖かく見守ってやってくださいませ。

宜しくお願いいたしましゅ♡
(お屠蘇でちょっと酔ってる)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-01-01 13:58 | 肉の塩糀漬け