人気ブログランキング |
ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

酒粕Tea Time

スコーンにクロテッドクリームの様に
シフォンケーキにホイップクリームの様に
チーズケーキにブルーベリージャムの様に

c0216405_10292963.gif

大判焼きに酒粕トッピングゥー(古)。

(ちなみにクロテッドクリームとは、
 英国生まれのこ洒落たクリーム)

ちなみに九州では回転焼き、関西では今川焼きでしたっけ?
タイ焼きでも良し、あんパンでも良し、温泉まんじゅうでも良し。
とにかくアンコものに酒粕をトッピングして食べるのが大好き。
(糀フェチ仲間のユキノ嬢に教えてもらった)

でも、普通のスーパーに売ってる粕汁用の、
醸造アルコール入りのではなくて
できれば大吟醸クラスの良いヤツで。

珈琲タイムに、紅茶タイムに、日本茶タイムに
ちょっと洒落た雰囲気で
アンコもの+高級酒粕で
ワンランク上のティータイムを
演出してみてはいかがでしょうか。
おほほほほほほ。
by misa-ono | 2010-01-31 10:32 | 酒粕

酒粕の季節です!

大変!
うっかりしてました!
本人はちゃっかり取り寄せてました!

c0216405_1413564.gif

越乃寒梅の酒粕!

さてこの時期、新酒ならぬ新酒粕が出回る季節です!
スーパーなどで売っている酒粕ももちろんおいしいのですが
大吟醸酒の酒粕は猛烈にうまい!!!

そのまま食べても良し。
トースターであぶっても良し。
根菜たっぷり粕汁にしても良し。
バニラアイスに1/3ほど混ぜ込んでも良し。
カッテージチーズとレーズンを混ぜ込んでも良し。
豆乳とスープの素でクリームシチュー風にしても良し。
砂糖と水を入れて火にかけて甘酒にしても良し。
肉とか魚とかの粕漬けにしても良し。

ああもう、紹介したいメニューが多すぎて大変!


そういう訳で、みなさま急いで取り寄せてみて下さい!
以下はオススメ酒粕。

越乃寒梅の酒粕はこちら
酒粕だけだとちょっと送料がもったいないので
お酒も一緒に頼んじゃっても良いと思います。
プライベートブランドのカッパのラベルが可愛くて
しかもおいしいので、時々お世話になっております♪
今回取り寄せたのは吟醸 越乃三昧(一升瓶)。
うまい!
(一升瓶一人で開ける女)


c0216405_1421779.gif

2キロという量でいらっしゃるのですが
画像の用にジップロック(もどき)に小分けにして
空気を抜いて、冷蔵庫の邪魔にならない場所に
いれておくと良いかと思われます。
うちの冷蔵庫は今、酒粕まみれですが(笑)。

そしてこの! この! しっとり酒粕!(興奮)
「文佳人」という高知のお酒(お酒もまたうまいのよ〜〜〜♪)の
大吟醸酒粕!!!
もうしっとりほんのり甘くて、超スペシャルにうまいっす!!!
4キロという単位が尋常じゃないのですが(笑)
お知り合いと分け合っても、ぜんぜん消費できるかと思います。
なんならお酒も一緒に(笑)。
色々な調理法など載ってますので、参考にしてみて下さい〜♪

少し個性派の酒粕はこちらの寺田本家さん
なんというか、ここの酒粕は元気が良い。
発酵力が強いというか…なんだか野生児って感じです(笑)。
ここの玄米酒粕だと、ご飯と水を混ぜておくだけで
天然酵母ができ、そこに粉と塩と水をぶっ込むだけでパンが焼けます(笑)。
超簡単♪
ここも色んな調理法が載ってますよ〜。

100128
by misa-ono | 2010-01-28 14:07 | 酒粕

密造酒

日本ではご家庭でお手軽にお酒を作る事は違法である。
ですので今から書くことはすべて私の妄想であって
決して実際の話ではありません。

妄想。

密造酒の代表といえばどぶろくですね。
私はどぶろくを呑んだ事がなくて
濁り酒とかマッコルリみたいな、
甘いお酒を想像して作った事があるのですが
実際はそんなに甘くなかったです。

炊いたご飯、糀、ヨーグルト、イースト菌、水を混ぜて
置いておくだけでできあがります。
アルコール度数はよくわからないのですが、
置いておくとどんどん上がってくみたいですね。
個人的にはもう少し甘い方が好き。
サイダーをいれたらおいしい、と本に書いてあって
やれば良かったと後悔。

普通の果汁100%ジュースにイースト菌をいれるだけでも
お酒になります。
でもイーストさんは甘味をエサにしてアルコールを作るみたいで
甘くないお酒になりました。
私はあまりおいしいと思わなかったですねぇ。

で、甘酒もなんとなくお酒っぽいイメージですが
実際はアルコール度数ゼロ。
代わりにおひな様で呑む白酒、
白酒の方がアルコールゼロなイメージですが
こっちは10度前後のアルコール度数だそう。
実は白酒って呑んだ事がないのですが
(酒粕+砂糖+水みたいなヤツかと思ってました。
 まぁ、似た感じなんでしょうけど)
ネットで調べたら、ざっくりとした作り方が載ってました。

1.蒸したもち米とうるち米に米麹を加える
2.焼酎の中で約三十日間熟成させる
3.搾らずにすりつぶす

うるち米って何かと思ったら
普通のお米の事だそうです。
(もち米と区別する為なんですね)
知ってました?

米と糀の比率とか、焼酎の量とか全然わからないのですが…
甘酒作る時ぐらいの比率で作れば…
要は甘酒の酒バージョンと思えば…
実験好きの私としては…

違法ですから作りませんけどね。

でも今週末、時間あるし…
らっきょ漬けるみたいなガラス瓶、あまってるし…


妄想。



どぶろくは、米、糀、水からアルコールを作り出すので
(ヨーグルト・イースト菌は発酵を早める為にいれる)
なんとなく違法、というのはわかる気がするのですが
白酒は焼酎に漬け込むだけなので、
梅酒みたいなモンじゃないでしょうかね?
ホントに違法なんでしょうか?
一般人が売ったらダメってだけで、作るのは別に良い様な…。

まぁ、よくわからないので、ここからの話はまた
私の妄想って事で(笑)。

c0216405_1035188.gif

とりあえず、

炊いたお米…1合分
蒸したもち米…1合分
乾燥糀…400g
焼酎…四合瓶2本(1440ml)

を準備してみました。

焼酎は1本で足りるかと思ったけど
1本では少なかったんで、2本にしてみました。
こんな事ならもっと安い焼酎で良かったのに、と、後悔(笑)。
もしくは全体にこの半量くらいで良いのかもしれないです。
米つながりって事で米焼酎にしてみました。

まぁ、上記の米と糀の割合は
だいたい平均的な甘酒の割合。
なのでこの先きっとじわじわと焼酎の中で発酵が進み、
甘酒みたいに甘い焼酎になるのではないかと…♪
1ヶ月寝かせた後、ミキサーかフードプロセッサーで
粉砕して呑みやすくして呑むらしいです。

折しもおひな様も近い事ですしね。
ちょっとしたおひな会でもやりたいものですな。

いやいや、もちろん私は作りませんけど。

c0216405_10363016.gif

※画像はイメージです。

011026
by misa-ono | 2010-01-26 10:37 | 番外編

低血圧


c0216405_1135120.gif

ワタクシの愛する糀様には
様々な健康成分が含まれているらしいのですが
その中に「血圧を下げる」というものがある。

なのに、私は低血圧なのだ。

いや別に糀の食べ過ぎで
血圧が下がったワケではないのだけど
この間の健康診断の際、
午前中だったし、眠かったのもあって
医者に「ほとんど寝てる状態ですね」と言われる程の(笑)
低血圧なのです。

まぁ低い分にはそんなに問題ないし、
家で仕事していた頃は
忙しい時など、朝起きてすぐコーヒーをいれて、
そのままそのコーヒーを
飲みながら仕事ができるくらい元気だ。
ほぼ寝ながら行動してる、とも言えるのだけど(笑)。

それでもこんなに素敵な
糀様の健康成分の中で唯一私は

「いらない」

成分である。

でも食べるんですけど(笑)。

そういやこないだ鬼奴ねーさんが
「低血圧キャラをウリにしている」って言ってて笑った。
by misa-ono | 2010-01-25 11:04 | 番外編

塩糀豚と牛蒡の炊き合わせ

c0216405_110123.gif

暖かかったり寒かったり、若干花粉っぽかったり、
油断のできない日が続きますね。
糀を食べるとアレルゲンが抑えられる、と聞きましたが
元々アトピー体質のワタクシ、
強度のアトピーが10としたら
4だったのが2になった、という感じですかね。
「劇的に改善!」ってほどではないのかもです。

で、「駒澤の魔窟夫人(怪しいな・笑)」からの
つくれぽがまた届きました〜♪
なんとまぁ、うまそうじゃああ〜りませんか!

塩糀豚と牛蒡の炊き合わせ」だそうです。
作り方はこんな感じ。

まずは豚ブロックを塩糀で漬け込む。

「1日しか漬けなかったけど
3日くらいの方が美味しいかも。」

だそうです。
で、

「豚ブロックを切って
水と酒1:1で1時間煮て
少しみりんを加えて
牛蒡を投入して更に1時間煮込むだけです〜〜〜

胡椒を振って、からしをつけながら喰うべし! 
ウマウマでっす〜〜〜」

ウマウマなの〜〜〜???
食いて〜〜〜♪♪♪
圧力鍋ならもっと短時間で出来そう〜〜♪♪♪

さっそく我が家でもやってみます。
うっふっふっふ!
100122
by misa-ono | 2010-01-22 11:01 | 肉の塩糀漬け

失敗と挑戦-2

ここの所寒いし、塩糀用に取り寄せた糀もあまっていたので
甘酒を仕込んだ。
甘酒はもう何度も作っているので余裕綽々(しゃくしゃく)で
仕込んでいたら、いきなり失敗。
おかゆの温度が低いうちに(50〜60°じゃないと糀は働いてくれないのです)
糀を投入してしまい、「やべっ」と思いつつも、
なんとか糀をいれたまま鍋を温めて温度を上げてみた。

c0216405_10205639.gif

そして湯たんぽにお湯をいれて、お鍋をのせて毛布にくるんで保温。
50〜60°のまま、8〜10時間置いておくのだ。
炊飯器や保温ポット、保温調理鍋なんかがあると便利なのだけど
うちにはないので(保温ポットはあるけど小さいのよね〜)
こんな旧式なやりかたでやっているのだけど
春夏秋なら湯たんぽ無しで、バスタオルにくるんで、
途中で一回お鍋を温め直すだけでできあがる。

c0216405_10213873.gif

しかしこの日は寒かった。

c0216405_10223084.gif

途中で温め直そうとしたら、すっかり温度が下がっていて
いつもなら「固いおかゆ状態」→「柔らかいおかゆ状態」に
なっているハズなのに
固いおかゆ状態のままだ。
でもまぁなんとかなるだろうと、また温度を上げて保温。
心配だったので、寝る前にもう一度温め直して保温して寝る。

翌朝。

おかゆのままでした(泣)。

c0216405_10231055.gif

最初から温度が低すぎたのだ。
それで糀がすねて働いてくれなかったのです、たぶん。

とはいえ一応、うすら甘くはなっているので
ハチミツとすりおろし生姜と豆乳を投入して飲む。

まぁ、そこそこおいしい(笑)。

次は失敗しない様に、最初から温度をちゃんと上げて
温め直す回数、時間も短くして作らないと!
保温調理鍋とか欲しいのだけど
置くとこないしねぇぇ。

だけどこの間読んだ糀本に
「甘酒にちょこっとイースト菌をいれると
発泡甘酒になる」と書いてあり、
がぜん試してみたくなり、また、週末でも甘酒きちんと仕込んで
さらに発泡させてみよう、と、もくろみ中。
イヒヒ♪

100120
by misa-ono | 2010-01-20 10:24 | 番外編

失敗と挑戦-1

さて、ここの所ブログはさぼりがちだった訳ですが
さりげに糀実験は続いております。

で、時々人に「失敗したりしないの?」と聞かれるのですが
そりゃあ実験だもの。人間だもの。
失敗もありんすよ(JIN-中谷美紀風)。

c0216405_13122552.gif

という訳で、まず、島唐辛子オイル、失敗です(とほー)。
糀じゃないですけど。
カビ生えちゃってます、完全に。
中のオイルは大丈夫…なのかもしれませんが、
さすがにちょっと怖くて捨ててしまいました。
せっかく譲ってくださった回様、ごめんなさい。

くすん。

素直に泡盛に漬けておけば良かった…のかも。
オイルに完全に漬けないと、
空気に触れちゃうとダメなんすかねぇ。
実験好きはこういう時悲しいですねぇぇ。

でもここでがっかりしてる私ではないのです。

「泡盛に漬けておけば…」あたりで、ふと、なぜか、
沖縄名物「豆腐よう」を思い出し、
「なんちゃって豆腐ようは作れないものか」と
また、実験魂が動き出し、ネットで作り方を調べてみたのだけど
猛烈に面倒臭そう(笑)。

素人に手が出せる代物ではなさげなのですが
ここでまた、「塩糀を作る時の水の代わりに泡盛にしてみて、
その、泡盛塩糀でギンギンに水切りした木綿豆腐を漬けたら
ちょっと豆腐ようっぽくなるのでは?」などと考えてみる。

c0216405_13132567.jpg

そして冷蔵庫には乾燥糀がちょこっと残っていたので
漬けてみました、泡盛塩糀

c0216405_13135557.gif

ただ今育て中。
良い感じに育ったら、木綿豆腐をギンギンに水切りして
漬けてみますね〜。
実際は3ヶ月〜半年ほど漬けるらしいのですが
たぶん半月くらいで味見してしまいそうです(笑)。
こうご期待!

100118
by misa-ono | 2010-01-18 13:15 | 番外編

鏡開き

c0216405_13255485.gif

クリスマスの次は鏡開きかよ!

年末年始はもう呑み倒して食い倒して、
何をネタにして良いのやら…みたいな事になってしまってて
すっかりブログ放棄してました。。。はははは。

いやいやとはいえ地味に更新していきますよ〜。

というワケでこの間は鏡開きだったので、
お正月に買った小さいもちを包丁で切りわけ
(金物使っちゃダメじゃん!)
トースターで焼きました。
焼きすぎました(笑)。

で、本当はこの写真の5倍くらい大量の大根おろしに
塩糀たっぷり、お醤油ほんのちょっぴりいれていただきました。
うまかったっすよ〜〜〜♪

お醤油だけでも良いのですが、
塩糀大根おろしってのも、なかなかです。
納豆なんかあわせてもうまいっす♪

こんな感じで今年もじわじわのびのび更新していきますので
宜しくお願い致しますね〜。

100115
by misa-ono | 2010-01-15 13:26 | 野菜の塩糀漬け