人気ブログランキング |
ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

花見酒論

ここの所はずっと
バタバタと仕事をしているのですが、
桜の花もちらほら咲き出しているのを見かけて
そろそろソワソワしてきております。

前にも欄外に少し書きましたが
お花見には焼酎のお湯割りか
おいしい日本酒をおすすめ致します。

花見といえばビール! と思いがちですが
よく、思い出してみてください。
花見の時期はたいてい寒いです。
ビールなんて飲んだら、
よけいに身体が冷えてしまいます。
するとトイレが近くなりますね?

楽しい宴会の輪を抜け出して
トイレに行くのも寂しいし
たいがい、トイレまで遠いし
たいがい、不衛生な事が多いです。

なのでできる限り
行かない様にしたいじゃないですか。

という訳で、コップ付きの魔法瓶や
保温できる水筒にお湯をいれて、
紙パック(軽いから)の焼酎で割ると
身体も温まるし、そんなにたくさん量も飲まないし
お湯で割っているので、そんなに悪酔いもしないので
おすすめです。

良い日本酒もおすすめです。
やっすい日本酒だと、うっかり飲みすぎると
頭が痛くなる可能性があるので
ちゃんとおいしい日本酒を
水飲みながら飲むと悪酔いしません。
日本酒は身体を温める効果がありますし。

おつまみはもちろん、塩麴をつかったお料理だと
冷めても固くならないし、味も染みていて
おすすめですよ〜♡
まぁ、時間がなければ、スーパーなんかで
から揚げとか枝豆とか買っても良いと思います!

以上、私の花見酒論でした。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

こんな事書いてないで、はよ仕事せい、私。
そして、こんなに塩麴ブームだというのに、
意外と話題にならないのが不思議な、料理本とセットになった楽曲。
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
by misa-ono | 2012-03-31 13:12 | 番外編
<< 『発酵食品学』の本のイラストを... Web L25 R25に塩麹紹... >>