ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『麴巡礼』読売新聞の広告に掲載していただきました!

c0216405_1147108.gif

4月26日(金)の読売新聞の広告に拙著『麴巡礼』を
掲載していただきました!
蒼々たるメンバーの中に挟み込まれているのが
少々恥ずかしいのですが(笑)
手描き文字と下から湧き出る麴ちゃんで
なんとか対抗(?)しております。

昨日は青山にあるABCに出かけ、
私の本がちゃんと売られているのか、
調査にでかけました。
しかし、ふと「何コーナーに置いてあるんだ?」
という疑問。

料理レシピも掲載しているけど、メインは食紀行文。
もしや旅行本コーナーなのかも、とか、
色々考えていましたが、今まで出した本と同じ場所
麴料理コーナー(コージーコーナー・笑)に
ちゃんと面出しして置いてくれていました。
でも、少し奥の方にはいっていたので
ちょっと前の方に押し出してみたりしましたよ(笑)。
書店員さんにお願いして写真を撮らせていただこうかと
思ったのですが、恥ずかしくて挫折…。

そんな感じで只今『麴巡礼』絶賛営業中!
生活がかかってる…というのもありますが(笑)
良い本なので、みんなに読んでいただきたいのです。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

昨夜は制作チームとの楽しい打ち上げ!
終電ぎりっぎりまで呑んで食べて笑って
楽しかった〜〜〜〜♡

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-04-27 11:50 | 本の宣伝 | Comments(2)

『麴巡礼』が発売されます!

キターーーーーーーーーー!
c0216405_956155.gif

2013年4月26日(金)、集英社さんより
麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅』というタイトルの
拙著が発売されます!
某有名作家先生の新作のタイトルと
「巡礼」部分がかぶっており、ちょっと嬉しい(笑)。
c0216405_9562554.gif

いやいや、こちらは「麴」を愛するがゆえに、
全国の麴食品を巡る旅に出たという
食紀行文でございます。
しかも麴料理レシピ、イラスト、マンガ、
素敵写真の数々という、盛り盛りに盛りまくった
楽しくてわかりやすい本になっておりますよ〜。
c0216405_9564775.gif

し・か・も!
知る人ぞ知る、発酵仮面こと小泉武夫大先生の
推薦文付き!!!
ワタクシ、4〜5年前に先生の講演会に参加した事が
あるくらい大好きなので、すごく嬉しかったです!
小泉先生に太鼓判押していただいたらもう
怖いものはありません(笑)。

私が4〜5年前に最初に麴の本を出したいと思った時、
どこの出版社にも無視され続け、
一年くらい営業し続けてやっと、
最初の本の発行にこぎつけました。
それが今や当たり前に塩麴がスーパーで売られ、
料理本のレシピには当たり前に塩麴が
調味料として使われています。
そんな時代の流れを目の当たりにして
すごいなぁと傍観者のような気分に
なったりもします。

だけど全国にはもっともっと
麴食品がありますし、
当たり前の様に使っている醤油やお酢だって
塩麴や甘麹と同じ、麴食品なのです。
昔から麴人さん達はもくもくと
麴と麴食品を造り続けているのです。
全国で出会った麴人達は本当に皆さん
楽しくて素敵な人ばかりで
その素敵っぷりをなんとか伝えたいという
気持ちが伝われば幸い。

2011年から企画を練り始め、
2012年の2月に初取材に行き、
『小説すばる』の5〜10月号まで計6回の
旅の連載をし、それに3偏の旅を加え
さらにおまけ頁も色々加筆しております。
四十数年間生きてきて、こんなに良いお仕事をさせて
いただけた事を、本当に誇りに思っております。
麴に興味ある人もない人も、是非一度
読んでみてみてみてください!
意外と大人の男性からの評価も高いんですよ☆

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

5/2の新刊発売記念イベント
まだあとちょっとお席残っております。
ご希望の方はお早めにお申し込み下さい!

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-04-25 10:06 | 本の宣伝 | Comments(8)

『青春と読書』に掲載されました。

c0216405_1210315.gif

若い頃は澁澤龍彦、谷崎潤一郎、筒井康隆、
太宰治、宮沢賢治などを読み倒しておりました。
自分が何者なのか、何者になりたいのか、さえもわからないけど
何者かになりたくて、もがいてもがいて……。

何かのヒントになるだろうと、本をめくり、
本の中の新しい世界に触れるたびに感動して
その世界の住人になりたくて、またもがいて……。

集英社さんが出版している読書情報誌
青春と読書』。
このタイトルを見るたびに、
そんな甘酸っぱかった青春時代を思い出します。
c0216405_12104479.gif

そして5月号のセンターカラー3頁わたって
4/26(金)発売の『麴巡礼』の紹介を
していただきました〜♪
日本全国の麴食品を巡る旅について
とてもわかりやすくまとめていただいております。
少しでも、私が経験した旅の楽しさが伝われば……
いやいや、拙著を買って読んでみたいなぁと
思っていただけると幸いでございます。

ちなみに、若い頃に比べたらずいぶん歳を取り、
自分が何者なのか少しずつわかってきました。
でもまさか、40過ぎてから自分が
麴料理研究家デビューするなんて
夢にも思っていませんでしたし、
ましてや、自分が紀行文を書かせていただけるなんて
本当にありがたい事だと思っております。

人生まだまだ、何が起こるかわかりませんが
あの頃、いや今でも、もがいていた(いる)事は
決して無駄ではない、と本当に思います。
青春と読書、良いタイトルです。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ちょっと格好つけて、グリーンネックレスと
一緒に撮ってみました。

そして5/2の麴巡礼イベント
恥ずかしながらまだまだ空きがございます!
ぜひ、皆様にお会いしたいので
東京近郊の方、ご参加下さい〜( ´ ▽ ` )ノ

☆「小説すばる」にて連載していた、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』2013年4月26日単行本発売です☆

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
☆『麴のおつまみ
        (池田書店)2012/5/28発売中

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-04-18 12:15 | 掲載誌 | Comments(3)

おのみさ著『麴巡礼』イベントのご案内

4月26日(金)にワタクシの新刊
『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅』が発売されます。

北は岩手から南は鹿児島まで、
昔ながらの麴食品を造り続けている職人さんに会いに行った、
麴愛いっぱいの旅エッセイ&レシピ集です。

な…なんとあの小泉武夫サマ
(発酵学者・東京農業大学名誉教授)が
「麴の魅惑に駆られて訪ね歩いた美味巡礼の旅。
麴の底力がわかる天下無敵の食紀行だ!」
と推薦の言葉を寄せてくださいました~!!

刊行を記念して、恥ずかしながらワタクシの
トークイベント(麴まみれの軽食付き)を開きますので、
ご興味のある方はぜひお申し込みください。
詳細は以下です!

<SODO de『麴巡礼』>

『麴巡礼』にゆかりのある軽食と甘酒ドリンクを楽しみながら、
旅の思い出話に耳を傾けていただく会です。
どうぞお気軽にご参加下さい。

○日時:2013年5月2日(木)
○時間:18:30(開場18:00)〜20:30
○料金:1500円(飲み物・軽食込み) 
 ※当日、現金での精算になります。
○場所:SODO 東京都世田谷区世田谷2-14-3 1F
*東急世田谷線の「上町」から徒歩5分くらいです。
*東急世田谷線へは小田急線「豪徳寺」、
東急田園都市線「三軒茶屋」、京王線「下高井戸」で乗換えられます。
*東急田園都市線「桜新町」からでしたら徒歩15〜20分くらい。
*バスの場合は渋谷から「成城学園」、
「祖師谷大蔵」行きバスで「桜小学校」下車、
バス停のすぐ目の前に店があります。

○飲み物(予約時にAかBのどちらかをお選び下さい)
A.甘酒の焼酎割り(ソーダ割りかお湯割り/焼酎は黒霧島です)
B.甘酒ソイチャイ(甘酒+豆乳+紅茶)

○軽食
碁石茶おにぎり(高知の碁石茶)
かんずりチップ(新潟のかんずり)
プチトマトとうずらの黒酢ピクルス(鹿児島の黒酢)
セロリときゅうりのナンプラー麴漬け(埼玉の乾燥麴)
※なお、メニューは都合により、変更の可能性もあります。

○ご予約方法:koujinokoto@yahoo.co.jp 宛に
お名前、当日のご連絡先(携帯電話番号など)、
ご希望の飲み物(A or B)、人数を書いてメールしてください。
定員15名ですので、お早めに(先着順)お申し込み下さい。

当日は『麴巡礼』、その他の拙著の販売も行います。
ご希望の方には、サインをいたします。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

発売まであと2週間! わくわくします。
トークイベントなんて苦手なのですが
このカフェはとても雰囲気が良いので、選びました。

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
☆『麴のおつまみ
        (池田書店)2012/5/28発売中

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-04-11 09:36 | イベント | Comments(2)