ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鏝絵(こてえ)美術館

c0216405_01248.gif

4日連続更新です。
これでたぶん、しばらくは更新ないかも? です(笑)。

先日、帰省した際に、友人に教えてもらって立ち寄った
福岡県大野城市にある『鏝絵(こてえ)美術館』。
都築響一さんも大絶賛、という噂の美術館が
あまりに前衛的でサイケデリックなアートで満載で
おもしろすぎて大興奮でしたので、ちょっとご紹介。

麴にまっっっったく関係ないですし、やたら写真が
多くて長いです。ご了承下さい。
c0216405_013272.gif

まず、自販機の横に龍がいらっしゃいます。
いきなりです。
c0216405_0144264.gif

そしてよく見ると龍の頭の上では
なにやらライダー的な人々が戦っております。
c0216405_02183.gif

動物さん達もたくさんいらっしゃいます。
c0216405_024558.gif

この、アートを創造なさった作家さんの
家だと思われます。
c0216405_031140.gif

さすが、ぬかりはございません。
c0216405_033056.gif

隅々にまでアートが施されております。
c0216405_034862.gif

中庭には採れたての柿やキウイの無人販売。
いや、無人ではないですね。
卵形の人がいらっしゃいます。。
そして何気に後ろの象の頭に、プラスティックの
ひしゃくがかけられております。
アートと生活が渾然一体となってますね。
素敵です。
c0216405_043912.gif

この卵形の人、頭にひからびたネギが飾られてます。
これもアートでしょうか?
私はもう、この子に釘付けです。
c0216405_052384.gif

恐ろしい事に、後ろ姿も同じです。
c0216405_055769.gif

さて、前置きはこのくらいにして
サイケデリックな鏝絵アートをもっと見ていきましょう。
ちなみに、なにげに写りこんでしまってるのは
アホな娘につきあってくれた両親です。
c0216405_061730.gif

まずは蛇ちゃん達がおでむかえー。可愛い。
c0216405_063993.gif

ジャンボマックス?(古!)
花柄の衣装が洒落てますねー。
c0216405_07690.gif

む…ムーミ…?
いや、違いますよね(汗)?
c0216405_073623.gif

星の子ちゃん?
私は世間にうといので、何のキャラかわかりかねます。
ちなみにこのゴザの奥にはザルの上にのった
柿などが転がっております。
c0216405_08977.gif

「おえほん」を持った、キリ○ト様風。
後ろに富士山がさりげに配置されているのが日本風。
c0216405_083486.gif

まさにサイケデリック!
奇っ怪な変拍子のハワイアンとかが聞こえてきそう…。
ピンぼけが残念!
c0216405_09298.gif

子供ちゃん用に、かわゆいうさちゃんもいますよー。
黄色いですねー。ここでもやはり富士山。
c0216405_092552.gif

そうです、ここは大野城市の片隅の普通の町なのです。
c0216405_095113.gif

龍とア○ムの戦い。
ア○ムの足は戦いすぎて、くるりんぱ!
c0216405_0104092.gif

アートなオブジェの上に、ありがたいお言葉が
置かれております。
しかし私の様な凡人にはまったく理解できません。
c0216405_011783.gif

しかし、希望はすてません。
夢が叶うといいね! 天狗さん!

…あまりにサイケデリックなアート、
いかがでしたでしょうか?
しかし、どこまでも気が抜けません。
いたる所にアートは存在しているのです。
c0216405_0113750.gif

福岡恐るべし!
c0216405_0122779.gif

次は大牟田の「つるかめハウス」を
取材に行きたいともくろんでおります。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2011-11-26 00:19 | 福岡 | Comments(11)

朝日新聞に載ってしまいました。

c0216405_22543642.gif

3日連続でブログ更新しております。
ムラがありすぎですね。ははは。

なぜなら今日(11/25)の朝日新聞の朝刊に
ワタクシが掲載されているからです。
実は22日には関西版に掲載されており、
画像は関西版のもの。

普段は顔写真を撮った後、料理をして、撮影して
レシピを提出して…というのが多いのですが
今回は「麴料理研究室や研究員の人達が見たい!」
という発注。

いやいやいやいや。
研究室やら研究員やら、ほんの冗談で
ただの麴好きの酒呑みが時々料理を持ち寄って
集まって呑んでるだけですから、と、説明すると
「むしろそれが見たいんです!」とおっしゃるので
それじゃあ、と、シオコウジーズに連絡をとり
(こんな事書くから本気にされるんやね・笑)
ご自慢の麴料理を持って集まってもらいました。

とはいえ、取材、撮影の後はもう、普通の呑み会(笑)。
うちらがふつーに呑んで食って、
ふつーに料理の話なんかしてる所を
バシバシ撮影してもらってましたが、
結局、この写真の体制のまま、1分くらい静止させられて、
ひきつった笑顔で映っております(涙)。

それにしても、さすがに朝日新聞!
「朝、新聞見てひっくり返った!」などのメール多数(笑)。
普段、雑誌なんかに載っても恥ずかしくてあまり
人に言ったりしないので、よけいに驚かれました(笑)。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2011-11-25 22:57 | 掲載誌 | Comments(2)

福岡土産(覚え書き)

c0216405_20185567.gif

福岡土産の自分用の覚え書きなので、
興味のない人はスルーしてください。

☆向かって左下の黄色い柑橘は
祖父母の家がある大分の山奥でアホほど採れるカボス。
写真にはないのですが、カボスの汁を
父ががんばって絞ったものももらったので
製氷器で凍らせてジッパー付き保存袋にいれて冷凍中♪

☆同じく大分のアホほど採れる柿。
カブと塩麴とカボス汁と和えたらおいしかったっす♪

☆おいしいぬか漬け屋『千束(ちづか)』のたしぬか。
ぬか漬けの本も購入。すごく勉強になりました!
ぬか床、結構本気で育て中♪

☆熊本の荒尾という所の梨を二ついただきました。
あまりにも大きくて、甘くて、おいしかったので
そのまま食べるのがもったいなくなり、
8つ割りにして、皮も種もそのまんま、
ホワイトリカー1.8リットルに漬けました。
友人に教えてもらったのですが、
砂糖無しでも甘くておいしいらしい。
うふふ〜。たのしみ〜♪

☆アホほど採れるカボス、見た目は悪いけど
もちろん無農薬なのでうすく切って蜂蜜に漬けました。
これと国産ウィスキーのお湯割り、たまらんうまさたい!
ぽっかぽかやでぇ!

☆家にあった、熊本、東肥の赤酒(灰持清酒)を
ちょっともらってきました。
(容器は父が買ったミニ焼酎がはいってた容器)
みりんよりちょいと甘くておいしい〜〜〜!
お正月はこれに屠蘇散をいれて、お屠蘇にして呑みます。

他、写真にはないのですが

☆ハヤトウリという瓜。薄く切って塩麴漬け。
あっさりしてるけど、おいしい。

☆(なぜか)大阪『ダンケ』のコーヒーとクッキー。
コーヒーもクッキーも、ものすごく好みのお味でした。

☆石垣島ラー油、産直ショップのゆず胡椒
(普通のよりうまかよ!)、
しょうがゆず、などの調味料

☆父の手作りらっきょうと母の手作りパン

☆事務所には千鳥製菓の『チロ〜リア〜ン♪』
意外なほど好評でした(笑)。


ここ一週間くらい、麴の会なんかもやって、
へとへとに疲れてたくせに
この子達のおかげでウキウキと元気に過ごしました。
九州の恵みです♪
しばらくはこの子達で楽しめます♪♪♪

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2011-11-24 20:27 | 福岡 | Comments(2)

回の麹の会

先日、実家のある福岡の回(Kai)というお店の二階で
『回の麹の会』というものを開催していただき、
パネル(手作り♡)を使ってちょっとした麹の話と、
塩麴、酒粕、味噌、甘酒などを使ったお料理を
お店の人と相談しながら作って
ふるまわさせていただきました。

ここでは何度も書いているのですが、
人前で話すのが苦手なので、よっぽどの事がない限り
こういう事はやらないのですが、この回(Kai)は
お店のしつらえも、お料理も本当に素敵で、
何よりオーナーご夫妻と音楽などの趣味が合う、
という事で、4月にも一度麹の会をやらせていただき、
今回は二度目になります。
しかも、今回は怒濤の昼夜二部構成(19人×18人)!
c0216405_045025.gif

がんばって声はって麹の説明をしております。

昼間はアルコール無し、だったので
盛り上がるかどうか心配だったのですが
もう、始まる前からみなさん興味津々で
質問責めだったので(笑)、こちらとしては
非常にやりやすく、盛り上がり、
お料理も(たぶん)好評でした。
c0216405_054430.gif

お食事してる皆様を見回り、おいしいと言わせております。

逆に夜の部はアルコールアリ、なので
安心してたら、麹のレクチャーの際は全員
「しーーーーーーん…」として、質問なども一切無し。
「やりづらかー!」と、福岡弁で思っていたら
食事&お酒がはいった途端に急変、
うるさいうるさい(笑)。
全員に話しても聞こえやしないので
テーブルを回って一個一個料理の説明なんかを
しつつ、お酒もちょいといただいて
私の方も、つい、声がでかくなります。
c0216405_071743.gif

こんな感じでお給仕していただいております。

料理に使った野菜の一部は、福岡の糸島という所で
「自然農」という農法で作った野菜を提供していただきました。
なんでも肥料も農薬も無し(だったと思う・汗)で
自然に近い状態で育てた野菜なのだそうです。
青梗菜(生)は青々した野菜の味がするし、
春菊は苦くなくて柔らかくて
びっくりのおいしさでした。

夜の部はもう一つおまけがあって
福岡の弾き語りミュージシャン、
『コロンビア浦野』さんによる、投げ銭ライブ付き!
爆笑トークや、「え、なんでこんな古いCM覚えてるの!?」
という、ツボを心得たCMの小芝居を間にちょいちょいはさんだ
ちょっとブルースやジャス、古い歌謡曲がまざった音楽に
笑いながらもうっとり。

しかもラストの曲は『塩麴のおかずのうた』だったんです!

ワタクシの著書『塩麴のおかず』の目次の次の頁に
ちょこっと、載せていた、あの、歌詞に曲がついたのです!
ぎゃーーーー!

がんばってiPhoneで撮ったものを
ようつべさんにアップしてみました。

嬉しすぎて、興奮しすぎて、録画しながら
ヒューヒューゆったり、ゲラゲラ笑ったり、
話聞こえてなくて、わけわからん事しゃべったりして、
非常にうるさいのですが
作詞:おのみさ、作曲:コロンビア浦野さんによる
『塩麴のおかずのうた』お聞き下さい!

ココをクリック!

いやー「生きてて良かった!」と腹の底から思いました。
ありがとう! コロンビア浦野さん!
ありがとう! 回さん、その他ご協力下さったみなさん!
福岡サイコー!!!
[PR]
by misa-ono | 2011-11-23 00:18 | 福岡 | Comments(4)

塩麹リピーター必見の裏技!

『陰陽ライフ』という会社を営んでおられる
ナイスミドルな花井良平様が、おもしろい実験結果を
報告してくださいました。

題して
『塩麹を作るときに元種を入れるとどうなるか?
の実験開始の報告』


わかりやすい!(笑)

結果、新しく塩麴を仕込むときに
元種(完成してる塩麴)を少しいれる方が
早く完成する事がわかったそうです!!!

うーむ。。。正直意外でした。
温度が関係するのはわかっていたのですが
元種も関係するとは…。
いやぁ、ほんと、麹っておもしろい♡

というワケで私も先日、取材で仕込んだ塩麴に
古い熟成しまくりの塩麴を混ぜ込んでみた所、
この寒さなのにもうしっとり、良い感じに育っておりました!

すばらしい発見をしてくださった、
花井様に拍手!!!

…でも、私の事を『師匠』と呼ぶのはやめて下さい…(汗)。
[PR]
by misa-ono | 2011-11-10 22:54 | 塩糀の作り方 | Comments(8)

麹と甘酒の力

c0216405_12421662.gif


ちょいとバタバタしていて更新が遅れましたが
10月の終わりに『麹と甘酒の力』というテーマで
伊勢惣(みやここうじが有名)の社長様と2人で
トークショーなどというものに出演してしまいました。
c0216405_2263287.gif

友人から写真を入手しました! こんな雰囲気だったらしい。

横浜のコミュニティ紙『みんなのキッチン』主催で
『ハウスクエア横浜』という住宅展示場でのイベントです。
普段はトオクショウなどこっぱずかしいのでお断りするのですが
伊勢惣様には、私の著書『塩麴のおかず』で、
麴の事や、炊飯器で作る裏ワザなどを色々と教えていただき、
しかも社長様の暴走トークがおもしろくって大好きなので
社長様と一緒だったらいっか、と、軽く引き受けてしまいました。

当日、その著書の出版社の方やスタッフ達も集まってくれて
その場で本を売り倒し、希望者にはおこがましくも
サインなどをさせていただきました。
で、そんな事してたら遅刻して(笑)会場に入り
伊勢惣の社長様と部長様の楽しい麴話の後に続いて、
私の本の中にある麴の料理の写真のスライドを見ながら
料理の話をした後、質問コーナー。
思いがけず会場の皆様が熱く手をあげて
色々質問してくださったので、
ほとんど社長様に答えていただいたのですが(笑)
それに助けられてなんとか終了。ほっ。

その後はまた本を売ったり、会場に併設されていた
麴カフェの麴を使ったベジ弁当や
甘酒シュークリームなどをおいしくいただいて
(本当においしかった!)
楽しく過ごさせていただきました。

手前ぇが前に出るより、日陰でちょこちょこ
なんかやってる方が好きなタチなので
こういう事は本当に苦手なのですが
『みんなのキッチン』スタッフの方々や
伊勢惣の方々、『塩麴のおかず』スタッフ、
その他来てくれた友人やお客様に盛り上げていただいて
(200人近く集まっていただいたそうです!)
本当に感謝感謝の一日でございましたー。
皆様、ありがとうございました!!!



余談。
リハーサルの際、仮の、麴に対する質問に
伊勢惣社長様が本気で一生懸命答えてる姿が
個人的には非常に良くて、ツボでした。
リハーサルなんだから
まじめに答えなくて良いのに
手を抜けない方なんでしょう(笑)。
[PR]
by misa-ono | 2011-11-04 12:50 | イベント | Comments(8)