ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

着物の話

夏ももう終わってしまう、という事で
週末の二日間、連続して着物でお出かけしてきました。
なのでちょっこし着物の話です。
塩麴ファンの皆様、スイマセン。
着物コスプレ好きなのでございます。
c0216405_11405020.gif

土曜日は浴衣。
流行の華やかなものではなく、
紺地に白という正統派な色柄に
キリリと締めやすい、朱色の半幅の博多帯でございます。
襟付きの下着も購入したのでなにげに白の襟付き。
浴衣は和裁をやっていた母のお古なので手縫いですよ。

こんな出で立ちで居酒屋でふらっと呑み、
その後ライブハウスで楽しんで、また居酒屋で呑み〆。
浴衣着てると、ちょっとモテるので気持ち良い♪
うふふ。

土曜日の浴衣に気をよくしたので日曜日は夏着物。
白の長襦袢に葡萄色の絽の着物。
暑さには勝てず、帯は藤色の麻の半幅帯。
自分的にはちょいと色っぽいコーデなのですが
ヘロヘロとワインを呑み過ぎて
帰りの電車の中では若干の夜鷹状態(笑)。
気をつけねば〜。
c0216405_114144100.gif

呑んでばっかいるから、顔があまりにアンパンマーンだったので、
こうじちゃんに助けてもらいました。
ボクの顔をお食べ〜!

で、良い気分になった後は後片付け。
ワタクシの夏着物は、手前味噌ですが
イラストやDMのデザインなどの
お仕事をさせていただいている
きもの英さんのものなので、
洗濯機で丸洗いOKなので楽ちん。
一方、浴衣は洗って、のり付けして、アイロン仕上げ。

浴衣は着ている時は楽ですが、後片付けは若干面倒ですね。
意外と洗える着物の方が見た目も
(アンパンマンとはいえ)色っぽいし
後片付けも楽で良いかも。
手前味噌ですが(笑)。

夏の終わりギリギリに夏着物を堪能して満足。
次は秋の単衣だ! 
あー、コスプレは楽しい♪
[PR]
by misa-ono | 2011-08-31 11:51 | 着物 | Comments(8)

『美的』10月号に載ってます。

c0216405_114263.gif

最近の女性雑誌には小さいバックとかが普通に、
付録についておりますが、自慢じゃないですがワタクシ
一個も持っておりません。

ですが先日、『美的』というキラキラな女性誌の
取材を受けさせていただいたので
掲載誌と一緒に小さいバックが送られてきました。

初! 雑誌の付録バック!

いや、バックの話ではなくて、取材の話でした。
c0216405_114431.gif

美肌食材特集の一環で、塩麴、甘酒、お味噌の作り方を
1ページに収める、というギチギチに内容の詰まった
贅沢なページになっております。
ちなみにこの美肌食材特集のページ全体、
ワタクシの本のスタイリング(その他モロモロ)を
やってくれたいとうゆみこさんがやっております♪

それにしても雑誌を買う度に
いちいち小さいバックがついてきたら
家中バックだらけになるんじゃないか、などと
よけいな心配してしまう私はすでに、女としての道を
踏み外してしまっているのかもしれません。

いや、バックがついている様な女性誌を
全然買ってない、というあたり、
すでに踏み外してますね〜。
いかんいかん。
ソニアリキエルのファンデも付録で付いている事ですし
『美的』読んで女度数アップさせねば!
うっふん♪
[PR]
by misa-ono | 2011-08-26 11:06 | 掲載誌 | Comments(12)

麹本裏話

c0216405_21244148.gif

京都で買ってきた亀屋良永の「玉納豆」という和菓子。
乾燥納豆の周りにとろりとした味噌、
そして和三盆でコーティングしてある風。
(あくまで想像です)
意外にもウィスキーに合う、というので
さっそく山崎蒸留所でゲットした
山崎12年様と合わせてみました。
うーん、不思議にうまい♪
(でもこの量はちょっと多すぎました)

ところで先日、ワタクシの二冊目の本の見本が届きました。
前回もそうでしたが、今回もやはり見るのが怖い。
いやもう、いやっちゅーほど何度も見てるのですが
それでもまた文字の間違いなどを発見しそうで怖いのです。
それに「すばらしく良くできた本だ!」と思う反面
「これで良かったんだろうか」という自問自答もあり。

それでも去年の11月に最初の本を出したときの
緊張とかプレッシャーに比べたら、今回は全然楽です。
去年は初の著者、初の料理本ということで
もう撮影前から異常な緊張とプレッシャーで
吐きそうになっておりました。

おまけに、ありがたい事に『塩麴』というものが
ネタとして珍しがられ、雑誌や新聞やテレビに取り上げられ
慣れない事の連続で、逆にまたもや異常な緊張とプレッシャー。
ナリはでかいが気が弱い私はもう半泣きで、このまま
逃亡してしまいたいほどの気持ちになっていたのです。

そんな時に3.11の地震。

私ごときのちっぽけな緊張やらプレッシャーやらは
一気にどこかへぶっ飛んでしまいました。

地震があった頃はもう二冊目の本を手がけていたのですが
「できるだけ少ない素材で、できるだけ簡単な調理法で」
というコンセプトで作っていたので、
これは絶対に地震や災害時にも役に立つレシピに違いない、
と信じて、放射能もボランティア活動も無視して
本作りを続けていました(非国民です)。

それに、震災前も震災後も、一冊目の本の
売れ行きが変わらない、というのも私の自信になりました。
流行とかじゃなくて、地味でも良いから
当たり前にずっとある、普遍的なものを作りたかったのです。

そんな私の二冊目の本がそろそろ発売です。
私が信じてやってきた事が、皆様の目にどう映るのか
怖くてしょうがないのですが、ジタバタしても仕方ががないので
ただひたすら自分と、すばらしかったスタッフを信じて
祈るばかりなのでございます。

皆様に愛される本になりますように。。。
[PR]
by misa-ono | 2011-08-22 21:31 | 本の宣伝 | Comments(12)

おせんさんに涙です。

雑誌に掲載当初から大っっっ好きだった
きくち正太さんが描いた『おせん』というマンガがあります。
好きで好きで大好きで、単行本も買い集め、
しまいにゃーマンガに載っていた『塩麴』まで
マネして作って、塩麴の本まで出す始末(笑)。

先日『ゆほびか』という雑誌の取材を受けた際、
(9/16発売の11月号に載ります!)『おせん』の作者の
きくち正太さんにも取材をする、というので
編集の方に「ファンだって伝えて下さい♪」と、
愛を託しておいたら、ななななななんと!
こんなステキなものをもらってきて下さいました!!!
c0216405_211081.gif

ぎゃーーーーーーーー!!!
きくち正太様のサインです!
c0216405_2113231.gif

イラスト入り! 名前入り! 色付き!
『ゆほびか』編集ちゃんグッジョブ!!!

いやもう最近歳のせいか涙もろくなっちゃって
ちょいと涙出てしまいました!
嬉しすぎーーーー!

長く生きていると、こんな良い事もあるものですね〜。
うふふふ。嬉しい。
ありがとう、きくち正太さん。
ありがとう、『ゆほびか』編集ちゃん。
我が家の家宝でございます。

ここの所、そんな派手な話が多いですね、私。
でも実は取材受けたのも、サインもらったのも
7月の話なのですが、やっと今解禁なのです。

で、おまけで、久しぶりに地味な食事画像でも。
(派手さと地味さでプラマイゼロにしようとしている)
c0216405_2122933.gif

玄米ごはん
モロヘイヤのお味噌汁(酒粕入り)
アサリの塩麴しぐれ煮(ショウガ多めです♪)
かぼちゃと豚ひき肉のカレー風味煮
(塩麴とみりんと酒とカレー粉)
[PR]
by misa-ono | 2011-08-19 21:04 | 掲載誌 | Comments(5)

ABCで麹フェア開催中♪

その昔、デザイン事務所で働いていた頃、
ネタに詰まるといつも、六本木か青山の
青山ブックセンター(ABC)に行って、
洒落た洋書やデザイン本を読みあさって
「おしゃれ」を仕入れに行ったものです。

特に青山の本店は、本の品揃えも良いし
見やすく整理されているし、
色んな洒落たグッズなんかも置いてあるので
行ったら最後、1時間は抜けられないという
ステキスポットなのです。
c0216405_15283934.gif

そんなステキなABC本店の一角に
なんだか見慣れた本が…?
c0216405_15285860.gif

もっと近くに寄ってみましょうか。
c0216405_15291257.gif

こ…これは麹本フェアじゃありませんか!
麹関係の本がこんなにたくさん!
c0216405_15292269.gif

しかもこんなステキなPOPまで!!!

…ちょっとわざとらしかったっすか?(笑)

というワケで、ABC様で
麹の本コーナーを作っていただきました☆
しかも、ワタクシの新刊本、先行発売です!
本屋大好きっ子(子、などという歳じゃないけど)
としては、嬉しくてカメラ持って
わざわざ見に行ってしまいました!
うふふ〜〜〜!
嬉しい☆
[PR]
by misa-ono | 2011-08-18 15:32 | 本の宣伝 | Comments(10)

大阪旅行記

c0216405_17123645.gif

まったく麴などに関係無い、個人的な旅行記なので
興味なければ読み飛ばして下さいませ☆

福岡にいる友達が、サマソニを見に大阪ツアーを計画している、
というのは前から聞いていて、是非、同行したいと思いつつ、
麴の本の二冊目を作ったり、雑誌の取材を受けたりで
クルクルとしている間にサマソニのチケットは完売。
(後で聞いたら余っていたらしい。きぃーーーー!!!)
それでも旅行だけはくっついて行きたいなと思いながらも
あれこれ予定が変わって計画が立てられなかったのですが
ポコッとヒマになったので、前日に一気にホテルの予約したり、
友達に連絡したりして、速攻で新幹線に飛び乗り、
ムリヤリ福岡の友達と京都で合流。
友達にくっついてあれこれ色んな店に連れて行ってもらって
夜は老舗のバーめぐり。
昭和のかほりムンムンのお店で呑む、
おいしいハイボールにうっとりしてきました。

翌日、福岡の友人達はサマソニに行くので
私は一人カフェでお茶した後、大阪の友人とお蕎麦ランチ。
…のつもりが、なかなか蕎麦で〆られないまま、
だらだらとおつまみで本気呑み(笑)。
夕方からノコノコとほろ酔いで友人と万博記念公園へ。

c0216405_1713136.gif

太陽の塔の背中にはステキなもんもんが!

にょっきりと生えたようにそびえ立つ太陽の塔は
夜、車で近くを通るといきなり現れてビックリするらしい。
広場には風がよく通って、夜行くのもアリでした。

c0216405_17132691.gif

太陽の塔の上の子の目がピカー! と光ってるあたりがシュール。

その後、サマソニチームと合流。
サマソニがいかに楽しかったかを聞きたいのだけど
その、楽しそうな話を聞くとすごくくやしい、
というジレンマと闘いながら
歯を食いしばって聞いてました。
その後、バーに移動して朝までコースで呑み倒し。
ひー!

翌日はさすがにフラフラしつつ、
おいしいコーヒーとサンドイッチで充電した後、
今回の旅行で一番楽しみにしていた
サントリーの山崎蒸留所でウィスキー工場見学。

c0216405_17143458.gif

c0216405_17145095.gif

緑に囲まれた、気持ち良すぎる場所です。

c0216405_1715538.gif

c0216405_17151638.gif

工場見学もなかなか興味深い。

そしてハイボール講座、色んなウィスキーの
テイスティングしまくりで、うっとり。
もう、好きにして状態。

c0216405_1715316.gif

コスパ良し! これにバーボンハイと
山崎12年50mlボトルがおみやげについて1000円也!

最後に速攻でお好み焼きをペロリとたいらげ
551の豚まんとシューマイを買い込んで
ぎりぎりで新幹線に飛び乗って帰宅。
c0216405_17154869.gif

あまりに楽しすぎた旅行と、あまりに見慣れた日常に
ちょっとぼんやりしながら、豚まんとビールで〆ました。

無理矢理でも無茶でも、旅行は楽しい。
また、がんばって仕事して、また、楽しい仲間達と
楽しい旅行に行きたいものです。

おまけ
たむけん、もしくは闘牛士でおなじみのCharにやってもらいたい。
c0216405_1716792.gif

c0216405_17162823.gif

チャー。

☆行ったお店など
(京都)カレーもピラフもめっちゃおいしかった
 インドレストラン・ムガール
(京都)シャレオツなカフェ&ギャラリー Tranq Room
(京都)昭和風居酒屋 京極スタンド
(大阪)老舗バー 堂島サンボア
(大阪)民芸の香り漂うホテルのバー
 リーガロイヤルホテル内 リーチバー
(大阪)やたら可愛い手作りコースターの、昭和風なバー
 ハイボール 小路
(大阪)古いビルの地下にある、洒落た居心地の良いカフェ
 Mole hosoi coffee
(大阪)なぜ大阪に来たのにお蕎麦? でもおいしかったっす
 浪花そば
(大阪)ワイワイ大人数で呑み食いするのに良い居酒屋 梅の湯
(大阪)バターブレンドコーヒーが想像以上においしかったカフェ
 ダンケ
(大阪)工場見学付きのセミナーはめっちゃお得!
 サントリーの山崎蒸留所
[PR]
by misa-ono | 2011-08-15 17:28 | 番外編 | Comments(12)

塩麴のおかずの本が出ます!

c0216405_1114209.gif

2011年8月25日、塩麴のおかずの本が出ます!
タイトルはそのまんま
「毎日がたのしくなる 塩麴のおかず」です!

2010年の11月25日に「麴のレシピ」という本を出して以来、
塩麴について色々な質問を受けておりましたので、
それらをふまえた上で、改めて塩麴の作り方を
できるだけ詳しく、わかりやすく説明!

私や『糀園』研究員達が、リアルに
「これは絶対に簡単でおいしい!」と太鼓判を押した、
だけどまともな料理研究家なら恥ずかしくて紹介できない様な、
簡単すぎる、シンプルすぎる、地味すぎる、
材料1〜2品で作れる塩麴のお惣菜の数々を
恥ずかしげもなくご紹介!

前に出した「麴のレシピ」とちょっぴりかぶる、
だけどそれじゃあ申し訳ないので、新たな展開法もご紹介した
肉、魚、野菜、豆腐、卵等々の漬け込み系レシピ!

その他、一週間分のお弁当の紹介、塩麴ラボの研究発表、
4コマ漫画等々、楽しいおまけページもいっぱい!

などなど、私がやりたかった事をのびのびとやらせていただき、
私が読者だったら、絶対こういう本が欲しい! と思える
楽しい本に仕上がっております。

前回もそうでしたが、今回も最高にステキで
優秀なスタッフに恵まれて
「喜んで〜!」などと言いながら楽しく撮影し、
みんなそれぞれが一生懸命、そして色々な方々のご協力を得て
作り上げた本なので、その、愛があふれる
楽しい雰囲気が伝われば嬉しく思います。

ずっとこの本に関わっていたので、ブログの更新もできず、
料理写真もネタバレになるからあげられなかったので
すっかり地味なブログになっておりました。。。
楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ございません。。。
(でも、このブログはそんなもんです・笑)

世間ではうっすら塩麴や発酵食品がブームになっている様です。
だけどブームなんてどうだって良くて
(だってすたれたら、いやなんだもの〜)
おいしくて、身体にやさしい料理が
手軽に作れて食べられたら、それで幸せだと思うのです。

なーんて言いながら、本が売れないとおまんまの食い上げだし
雨風をしのげるお家にも住めなくなってしまいますので
ブーム万歳!(笑)
でも、ブームが去っても作り続けられる様に
「できる限り少ない材料で簡単に」というコンセプトで
考えておりますので(私が難しい料理が作れないっていう噂もありますが)
末永く皆様に愛されて、お買い上げいただけますと、
本当に嬉しく思うのです。うふふふ。

出版まであともう少し、お待ち下さいませ〜!
[PR]
by misa-ono | 2011-08-05 11:17 | 本の宣伝 | Comments(22)

レッツリッツパーリー☆

c0216405_1656462.gif

「うちで『リッツパーティー』をやるから
ディップ一種類作って持ってこい!」という指令を受けた。
私の友人の中に沢口靖○は居ないハズなのにおかしいな、
と思いつつ、せっかくなので
前日に食べたスモークサーモン切り落としの残りを粗くきざみ、
酒粕、クリームチーズ、オリーブオイルと混ぜて
持って行きました(思いつきで作ったけどおいしかったっす!)。

「魔窟」と称されるこの友人の家に一歩足を踏み入れると
様々なおいしいもの(でも高カロリーだよ)や
絶品カクテル(でもアルコール度数は高いよ)を出され
しまいにはお腹いっぱいになって酔っぱらって
終電を逃してソファーで寝てしまう、という
恐ろしい館。

そんな魔窟に行くと様々なリッツディップが並んでました。
ドライフルーツとマスカルポーネチーズや
豆腐とツナのカレー風味のものや
キュウリ入りのマヨ風味や味噌味のモノ
おまけにリッツ以外のサラダやラタトゥユ、
おいしいバケットの薄切り…
〆にはスモモのコンポートまで…

さらに甘〜くて、酔いそう〜な手作りの
ピニャコラーダ(パインジュースとミルクとラム)
まであり、昇天しそうに至福。

友人が連れてきた、あらがえないかわゆさの
生赤子とも戯れ、さらに至福。

この日もあやうく終電まで…と思いきや
昼の2時から呑んでるので終電ギリで帰宅。
ふぅ、危ない危ない。。。
c0216405_16574647.gif

おまけ。
友人宅の枯れた葉っぱが放置してある植木鉢に
きのこが!!!!!
ディップにして食っちゃおうか、と思いました。
[PR]
by misa-ono | 2011-08-03 16:59 | 番外編 | Comments(2)