ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

カテゴリ:ハーブ( 2 )

ハーブの事など

c0216405_23475024.gif

相変わらずの亀並みの更新なのですが
前に少し書いた、ローズマリーの事など。

このローズマリーチンキ、まずはいつもの
手作り化粧水
(精製水+グリセリン+ヒアルロン酸など)に
ちょこっと足して使っています。
あともうひとつ、
10倍くらいに精製水で薄めたものを
風呂上がりにシュッシュと
頭皮にスプレーしております。

まずは化粧水ですが
実はなんの変化も感じでおりません(笑)。
だけどこの間、友達と話していて
「もうホント、最近乾燥してて、
肌がかさかさになるよねー」って言われて
「あ、私ぜんぜん乾燥してない!」
って気づきました(笑)。
なのでこれはなかなか効いている、
と言う事なのでしょう。

そして頭皮にスプレー。
これはリアルに、髪の毛さらさらつるつるです。
忙しくて家に籠もってるのに
さらさらつるつるなのがちょっとくやしいくらい。
で、友達にも「美容院行った?」と言われたので
たぶん自意識過剰ではない…はず…です(ドキドキ)!

以上は約一ヶ月使ってみての感想ですので
まだ、何か変化があるかも…ですけど
いやぁ、今までハーブの力とか言われても
あんまり信用していなかったのですが
ホント実感しています。
植物すごい!
漢方が良い、というのもわかる気がします。
c0216405_23485088.gif

で、同時に無農薬の柚子やかぼす、
みかんの皮や種なども
おいしくいただいた後のものを
干し網にいれてカラカラに干し、
ホワイトリカーに漬けて
これも成分を抽出して
お風呂にいれたりしています。
(あまり綺麗な写真じゃないですね)
c0216405_2349743.gif

さらに、アメ横で安い食用ハーブを買って
ハンガリーウォーターまで作りました。
レシピは

ローズマリー…2
ローズペダル…2
ペパーミント…1
レモングラス…1
ホワイトリカー(ハーブの重さの10倍)

保存瓶にいれて3週間ほど放置したあと
漉して1年保存可能。
(ネットから引っ張ってきた情報です)

です。
ハーブびっしりの濃い〜〜〜ものが
できたのですが、あまったハーブがもったいなくて
これを煮出して入浴剤にしております。
めっちゃ好みに良い香りですよ〜♡
c0216405_23492259.gif

この冬の乾燥が気にならないのは
この入浴剤のおかげもあるかもです。
お肌すべすべですー。
家に籠もってるくせに、すべすべですー。

で、薄々お気づきでしょうが
これってほぼ、果実酒みたいなもんなので
私の「漬け込み好き」にピッタリなのです♡

凝り性で飽き性なので、
そのうち飽きるかもしれませんが
今の所、植物の力に感謝感激の毎日です♪
つるつるすべすべはやっぱり気持ち良い♡

春になったらベランダいっぱいに
ローズマリーやミントを増やして
自家製化粧水や入浴剤作りますよ〜♪

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

1月ももう、半分過ぎてしまいましたが
ワタクシまだ一度も休肝日を儲けておりません。
やばい!

密かにツイッターなどでつぶやいてみておりますが、
まだイマイチやり方がわかっておりません。
@misa_ono

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2014-01-15 23:51 | ハーブ | Comments(0)

ローズマリー

c0216405_9202890.gif

先日、友人に大量のローズマリーをいただきました。
とっても良い香りだったので、下の方の葉っぱをむしって
花瓶にいれ、部屋に飾っております。
一足早い、クリスマスツリーのよう(笑)。

で、花瓶にいれる為にむしった下の方の葉っぱを
紅茶を作る容量で煮出し、
入浴剤代わりにお風呂にいれてみた所、

お肌つるつるーーー( ´ ▽ ` )ノ

いやぁ、当社比だし、勘違いかもしれないけど
2回に分けて使って、2回ともつるつるだったので、
私の肌には合うみたいです。
ローズマリーすごい!

で、実は少し前にも同じ友人からローズマリーをもらっていて
その時は使い方もわからずに部屋に干していたのですが
その、干したものの葉っぱをむしり、
ウォッカに2〜3週間漬けて、葉っぱを漉すと
「ローズマリーチンキ」とかいうものになるらしい。
要は、ローズマリーの成分が溶け出したもので
手作り化粧品に少しいれると肌がつるつるになったり
薄めて髪にスプレーすると薄毛や白髪に良い効果があったり、
浄化や殺菌作用もあるので、薄めてスプレー容器にいれて
ファ○リーズ的な事にも使えるらしい。
香りも良いですしね。
c0216405_920424.gif

なのでうちもさっそくやってみます。
最初の画像と同じくらいのローズマリーでしたが
乾燥させた葉っぱだけだと、結構少ない。
で、一番安かったウォッカで漬けてみました。
まだウォッカ残ってるし、
何か漬けてまた飲もう♪
c0216405_9205092.gif

さらにはウォッカではなく、
無水エタノールに漬けたものを
白色ワセリンと混ぜて軟膏にして使うと
シワが目立たなくなるとか、
ミント、ローズ、レモンピールなどと混ぜて
ウォッカや無水エタノールなどに漬けると
ハンガリーウォーターというものになるとか…。
調べてみると色々出てきます。

かの、ハンガリー王妃のエリザベートさんは
「ローズマリーを使ったハンガリーウォーターを
洗顔、化粧、入浴などに使用し、
リウマチが改善した上に肌も美しくなり、
若返りの効果があったと言います。
その効果のせいか、70歳を過ぎていた王妃が
隣国ポーランドの王に求婚されたとういう
エピソードがあります。」
だと! まじすか。
しかもポーランドの王様は20代だったとか(笑)。

そんな眉唾はともかく、ハーブの効能などは
実は半信半疑だったんですけど(笑)
ローズマリーはリアルにお肌に効きそうです。
麹で中から綺麗になるのも良いけど
外からもまた、攻めていかないと(笑)。

もちろん、個人差はありますし
お肌に合わない人もいると思いますけど。

また、ローズマリー風呂、はいろうっと。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

焼酎と水を半々で割って、
1週間くらい置いておくと
味がまろやかになって呑みやすくなるらしい。
私はこれを、夏は氷で、冬はお湯で割って時々いただく。
だけどいつも、1週間も待てないのだ。
うーん、もっとたくさん作っておかないと。
うちには麹やら焼酎やらローズマリーやら
色んな子達が出番待ち(笑)。

密かにツイッターなどでつぶやいてみておりますが、
まだイマイチやり方がわかっておりません。
@misa_ono

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-11-15 09:24 | ハーブ | Comments(4)