「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

カテゴリ:お醤油( 2 )

お醤油の話

2011年4月、福岡に帰省した際に
友人に連れて行ってもらった
福岡・糸島の酒蔵『白糸酒造』さんの蔵開きで
醤油や醤油粕を売っていたミツル醤油さん。
その時に買った醤油粕がおいしくてビックリしたのですが
そこから様々な雑誌で取り上げられ、
知る人ぞ知る、有名お醤油屋さんになったのです。
c0216405_19214259.gif

で、そのミツル醤油さんで
淡口醤油と再仕込み醤油が出たってんで
そりゃー味見しなきゃって事で、並べてみました。
c0216405_19214587.gif

向かって左の使いサシのが(笑)
普通の(濃口)醤油。
真ん中が再仕込み醤油に
一番右が淡口醤油です。
c0216405_19214891.gif

醤油を造る時、大豆と炒った小麦に麹菌をかもし、
食塩水を加えるのですが
その、食塩水の代わりに醤油を加えるのが
再仕込み醤油です。
ただでさえ、きちんと作っているおいしい醤油が
Wで使われているなんて、めちゃくちゃ贅沢っっっ!
この、ちょっとトロリとしている感じが
伝わりますでしょうか?
お寿司とかにちょこっとつけたらもうアナタ、
幸せですよ〜〜〜♡
c0216405_19215922.gif

ちなみにこちらは普通の濃口醤油。
再仕込み醤油にくらべてさらりとしています。
もちろんこれはこれで超うまいのです♡
c0216405_19215499.gif

そして醤油に加える食塩水を多くし、
甘酒を加えたものが淡口醤油。
色をあまり濃くしたくない煮物などに使います。
c0216405_1922233.gif

ミツル醤油さんの淡口醤油を
お湯で10倍に薄めて飲むと…。

いやーーーー、上品なお出汁の様な味わい!
やばいですうまいですやばいです♡

こんなん知っちゃったらもう、
安い醤油はなかなか使えませんなぁぁ♡
おひたしとか作ろ♡

ちなみに糸島・白糸酒造さんの『田中六十五』も
知る人ぞ知る銘酒でござんすよ♡

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
c0216405_1922656.jpg

久しぶりにめっちゃ良い生姜が手にはいったので
はりきって生姜酒と生姜酵素ドリンクを仕込みました!
c0216405_1922987.jpg

生姜酒は砂糖無しで仕込んだので、
飲めるまでに時間がかかりそう。
生姜酵素ドリンクも白砂糖じゃなくて
きび砂糖で仕込んだので
発酵するまでに時間かかりそう。
どうも普通のレシピ通りのものを
作らないヤツですわ、私(笑)。
いやしかし、楽しみ楽しみ♪
+ + + + + + + + + + + + + + + + +

☆海外に日本食を紹介するサイトcupidoj内で
麹のコラム『Amazing! Koji mold world!』始めました!
日本語版のブログはこちら

☆Facebookでおのみさページなんかを作ってみました。
興味ある方は、親指をおっ立てて力強く
「いいね!」ボタンを押してみてください☆

☆破天荒なおもしろ人生を送った友人「ひーひ」の、4コママンガブログです。

☆密かにツイッターなどでつぶやいてみております。

+ + + ワタクシの著書 + + +
著者:小泉武夫 絵・レシピ:おのみさ
(講談社サイエンティフィク)2015/2/25発売
(KADOKAWA/メディアファクトリー)2014/3/14発売
(集英社)2013/4/26発売
(池田書店)2012/5/28発売
(池田書店)2011/8/26発売
(池田書店)2010/11/25発売

☆異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

[PR]
by misa-ono | 2015-11-11 19:29 | お醤油 | Comments(0)

お醤油育ててます。

c0216405_11124861.gif

我が家の格好いいバーカウンターには
(色を少し濃いめに塗りました☆)
お酒や果実酒、味噌、塩麴、糠漬けと
素敵なものが眠っているのですが
最近また、素敵仲間が増えましたよ♪
c0216405_1113745.gif

『陰陽ライフ』さんが出している
手づくり醤油の素」でお醤油を仕込みました〜♡
c0216405_1113225.gif

仕込むと言っても、水をいれただけですけど。
c0216405_11134342.gif

蓋をゆるく閉めるらしいので、とりあえず
シャワーキャップのように(笑)
布をかぶせてみましたよ。
豆絞りのほっかむりをしている
上島竜兵を思い出します(笑)。
c0216405_1114371.gif

最初のうちは毎日混ぜろ、と説明書に書いてあるのですが
寒いからまぁ、たまにで良かろう、と
時々混ぜつつ、のんびり仕込んでおります。
c0216405_1114271.gif

忘れないように、瓶の裏に貼っておきました。

若干お安くない価格ですし、
お醤油になるまで半年もかかるのですが
おいしいお醤油がいただけるならいいんです!
居酒屋で呑んだと思えば……
(居酒屋でも呑むんですけど……)。

搾った後のもろみがまた、おいしそうです!
そのまま野菜のお漬け物や、肉とか魚とか
漬けたらおいしそう!
米麴もまぜて、さらにどろどろにしてみるとか〜。
トマトをつぶして、もろみで味付けて
冷やしトマトスープとか〜。
お刺身漬けて、漬け丼にするとか〜。

うふふふ♡
今年の夏が楽しみです♪
c0216405_11151871.gif

ついでといっちゃあなんですが
うちに、もろみ味噌用の
大豆+小麦の麴が残っていたので
この人も、塩麴と同じように仕込んでみました。
c0216405_11153869.gif

むかーし作った事があるような気がするのですが
味を忘れてしまいました(笑)。
醬油っぽくなるのかもです。
c0216405_11155753.gif

うちのカウンターの中は麴菌やら乳酸菌やらで
大騒ぎですね。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

世田谷区に引っ越してから、
まだ半年も経ってないのですが
ずいぶん落ち着き、なじみの店も増えました。
近所に友人が住んでいるせいもあり
生活がサザエさんっぽくなりました。
いただきものを頻繁にお裾分けしたり
お風呂屋さんや歯医者の
情報を教えてもらったり。
「お洒落」なものは何もないけれど
想像以上に居心地良く過ごしております。

☆「小説すばる」にて連載していた、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』2013年春頃単行本発売決定ちゃん☆

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/25発売
☆『麴のおつまみ
        (池田書店)2012/5/28発売中

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-01-09 11:21 | お醤油 | Comments(2)