「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

カテゴリ:お友達( 8 )

お麩マニアの友人が雑誌に掲載されました!

c0216405_19234952.gif

きょうの料理 ビギナーズ』の後ろの方に毎月連載している
「マニアーズ」というコーナー。
毎回、ある食べ物に異常な情熱と無償の愛を捧げる人々が
掲載されております。
私も2010年、初めての麴本が出てすぐ「麴マニア」として
取材していただきました。

大宮冬洋さんの、少しひねくれた目線で書かれた文章と
時川真一さんの、優しげな愛あふれるイラストが
とても楽しいので、個人的にちょいちょいチェックしております。
そして以前、友人の「イカマニア」を紹介し、大爆笑いたしましたが
今回もまた私の友人の「麩マニア」が登場です!
c0216405_1924684.gif

マニアはマニアを呼ぶのか、と思われそうですが、
なんだか「好奇心が強くて、好き嫌いがはっきりしている」
というあたりが共通点なんでしょうかね。

イカマニアは本当にマニアっぽかったのですが(笑)
お麩マニアは、なんだかとってもキュートです。
可愛い酒呑み、って感じでしょうか。

残念ながら大人の事情で、今回からWEBでの掲載は
なくなったらしい(本当に残念!)ので
お麩マニアはもう、今しか読めません!
あの地味〜〜〜〜なお麩が大好きなんて
どんな女性なんでしょう?
皆様もぜひ、ご一読くださいませ〜!

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

「麩(ふ)」と「麴(こうじ)」って、
字が似てますよね。

密かにツイッターなどでつぶやいてみておりますが、
まだイマイチやり方がわかっておりません。
@misa_ono

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-09-25 19:31 | お友達 | Comments(4)

『のひのひ』というお店のレシピ本です。

c0216405_10122161.gif

東京・中目黒の裏通りにある『のひのひ』という小さなお店。
このお店の雰囲気も、店主さきっちょちゃんも、
さきっちょちゃんの作るお料理も大好きなので
数少ない、私が一人でも行けるお店のひとつ。

そんな彼女から「レシピ本を作りたい!」という話を聞き
ちょうど、拙著を出版してくれた出版社の編集ちゃんと
気が合うのではないかと思って、
編集ちゃんと呑みがてら、一緒にお店に行って
ご紹介させていただいたら、あれよあれよと言う間に
話が決まり、本ができあがってしましました。

なんて、これは外から見たらそう見えるだけで
さきっちょちゃんをはじめ、スタッフの皆様方はもちろん
色々と大変な思いをなさったと思うのですけど。

私は単純に、大好きなお店の大好きなお料理の本が読めて
そこにほんの少〜〜〜〜しだけ、自分が関われた事が
とてもとても嬉しいんです。

仕事終わりに、腹ぺこでのひのひに行って
「なんかガッツリした肉とか食べたいっ」と駄々こねて
作ってもらった鶏もも肉とさつまいものハニーマスタード焼きの
おいしかったこと!
偶然ボジョレーの時期だったため、それに合わせて
3〜4杯呑んでしまった気がします。
だっておつまみもお酒もおいしかったんですもの〜。

『裏通りのちいさな飲み食い処がおしえる やさいのおつまみ』
誰でもすぐ作れそうなものばかりで、絶対重宝しますよ!
皆様、ワタクシの本と併せて(笑)、ぜひ一冊!
そしてお友達にももう一冊!

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

最近、ミンミンというギターに興味シンシン!
Fコードが弾けずにギターをあきらめた私でも
ギターが弾けるようになるような気がするーーー!

密かにツイッターなどでつぶやいてみておりますが、
まだイマイチやり方がわかっておりません。
@misa_ono

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-09-24 10:16 | お友達 | Comments(3)

イイホシユミコ作品展

c0216405_10151241.gif

珍しく毎日ブログを更新しております。

2013年6月8日(土)〜15日(土)まで
(12日はお休み)吉祥寺のギャラリーfeveさんにて
器作家のイイホシユミコさんの作品展が開催中なので
初日、オープンとほぼ同時に遊びに行きました!
c0216405_10161078.gif

明るいグレーの食器が増えていて
めっちゃ購買意欲をそそります。
c0216405_10162870.gif

最近のピンクも可愛いすぎなくて、とても良い!
このピンクは、意外に男子に人気なんだそう。
うちにはピンクの鳥の取り皿を連れて帰りました!
c0216405_10164115.gif

DMもとってもセンス良いのです。

それにしても、オープンと同時にすごい人!
まるでバーゲン開場のように、彼女の器を
買う気満々の人達であふれかえっており
イイホシユミコ人気の底力を見た気がします(笑)。
でもみなさん笑顔でとっても幸せそうでしたよ!
c0216405_10173267.gif

最近は、彼女の器に似た形のもの、似た素材のもの、
似た名前のブランド名などが、お洒落ショップに
並んでいるなぁ、と思います。
パイオニアとはそういう運命にあるのでしょう。
だけどパイオニアには、いくら真似されても
つぶれない強さがあります。
自分がどうやって生きてきたか、
どれだけのことをやってきたかが
作品には、良いも悪いもすべて出ます。
ずっと彼女の作品を見てきて、彼女の作品の変化が
いつも期待以上の素敵な変化である事が、
私はいつも嬉しく思っています。

私もがんばらなーーー。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

鳥の取り皿にはいってるのは
高知のアンテナショップで買った
ミレービスケット。
甘じょっぱいおいしさで止まらない〜!!!
c0216405_10171576.gif

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-06-09 10:19 | お友達 | Comments(0)

なぎ食堂のベジタブルレシピ

c0216405_14284042.gif

東京の渋谷・鶯谷という可愛い地名を持つ場所に
ひっそりたたずむ『なぎ食堂』。
この店の店主・小田晶房さんがこのたび
『なぎ食堂のベジタブルレシピ』という本を出版しました。
c0216405_14303786.gif

小田さんとのつきあいはもう長すぎて
お互いに色々と知りすぎているので(笑)、
書き出すとお互い様で墓穴を掘るので割愛しますが
とにかく私が大学生の時から、小田さんとも、
小田さんの奥様とも仲良くさせていただいております。

そんな小田さんがベジのレシピ本を出したのですから
嬉しくないハズがない!
遠慮がちで上品なベジではなく、
がっつり食える、男らしいメニュー。
異国情緒が溢れていて、
珍しくておいしそうなアイデア満載!
すぐに作れそうなものばかり!
写真も良い感じにお洒落で
気取りすぎてない感じが小田さんらしくて良いっす。

どの料理にもわかりやすく、
小田さんのコメントが添えてあるので、
なぎ食堂でごはん食べてる横で、
小田さんが話してくれてるみたいで
なんだか嬉しくなってしまいます。

イイホシユミコさんや、mama!milkや小田晶房さんなど、
若い時から知ってる友人達が活躍しているのを見るのは
本当に、目頭が熱くなるほど嬉しい事です。
私もがんばらないと! という気分になりますね!

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

スリッパ以外、何も置いていない我が家のベランダに
少しずつ緑を増やそうと思い、まずは室外機カバーなんぞを
購入してみました。
もう少し暖かくなったらこの上に丈夫そうな植木を置いて、
楽しんでみようともくろんでいる所。

☆「小説すばる」にて連載していた、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』2013年4月25日単行本発売決定ちゃん☆
だいたいいつも盛りがちなのですが、
今回もあれこれ盛っている所。お楽しみに♪

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/25発売
☆『麴のおつまみ
        (池田書店)2012/5/28発売中

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-02-17 14:33 | お友達 | Comments(6)

みよちゃんの、将棋かるた

c0216405_1644641.gif

昔、友人宅で新年会と称して呑んでいた所、
「かるたをやろう」と誰かが言い出し、
しかも友人宅には2種類のかるたがあったので
それをミックスし、さらには負けた人は
実際に絵の具で(墨がなかった!)
顔に落書きをする、という遊びをし、
二枚目くんの眉毛をつなげたり、
美人さんに鼻毛を描いたり、
口酒、いや、口裂女の様な大きな口にしたり
ものすごく楽しくて大笑いをしました。

が、しかし、
酔っぱらってそんな事をしたものだから
一人が自転車の酔っぱらい運転で帰ろうをした所、
まんまと転倒、地面に頭をぶつけて流血し、
救急車を呼ぶ、という事件が発生。
「○○くん、大丈夫−?」と言いながら
全員顔に落書き、というシュールな光景がまた
非常におもしろかったのですが、
救急車の人を驚かせてはいけない、と
全員顔を洗って、無事に馬鹿野郎を救急車に乗せて
一安心しました。

……若かったなぁ(笑)。

かるたといえば、この話を思い出すのですが
先日、かるた専門店というマニアックなお店で
ものすごく可愛いかるたを発見!
いやん、お友達のみよこちゃんのイラストの
将棋かるたじゃないの!
将棋のことなど、何もわからないのですが
ほほえましいアイデアとユーモア満載で
思わずほほえんでしまう、幸せかるた。

おうちでゲームも楽しいけど、
(ゲームできないけど)
今年のお正月は、汚れてもいい服に着替えて
かるた&顔に落書きも
意外と楽しいですよーーー!
(帰りの自転車は絶対禁止で!)
さらには将棋にも興味が持てる、優れもの!!!

相変わらず、写真がブレブレで申し訳ないのですが
こちらこちらからも購入可能。
さらにコアなファンにはみよこちゃんの
幸せイラストグッズがここで色々買えますよ〜!
ポストカードにもなるカレンダーは、
仕事机に置くと、癒されまくりです!

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

神保町にある奥野かるた店
将棋かるた以外にも、お魚かるた、
犬棒かるたなどなど
レトロなイラスト満載の可愛いかるたがたくさんあり
思わずお財布のヒモが
どこかに飛んでいってしまいそうでした。
あぶないあぶない……

☆「小説すばる」にて連載していた、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』2013年春頃単行本発売決定ちゃん☆

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/25発売
☆『麴のおつまみ
        (池田書店)2012/5/28発売中

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2012-10-25 16:41 | お友達 | Comments(2)

mama!milk x イイホシユミコatフクモリ

c0216405_12687.gif

先日、馬喰町にある『フクモリ』というカフェ兼定食屋で
bon voyage!』というタイトルのイベントに行ってきました。
bon voyage!とは、器作家のイイホシユミコさんが
『旅』をテーマに制作しているシリーズの名前です。

そのイイホシさんの器にフクモリさんのお料理を盛り、
コントラバスとアコーディオンのデュオ、mama!milkさんの
演奏を聴きながら頂く、という
私にとっては夢の様なイベント。
だってだってワタクシ、イイホシさんも
mama!milkの清水恒輔さんも、昔からのお友達だし
すごーく大好きなので、その二組が共演するイベントが
見られるなんて、なんとも感慨深いのです。

イイホシさんの、きれいな色の、
きれいな形の器に、センス良く盛った
山形の郷土料理をアレンジしたお料理は
とってもおいしかったし、mama!milkの演奏は
もう、今ここがどこの国なのかわからなくなるくらい、
雰囲気が良くて、壁に映った二人のシルエットも幻想的。
アコーデオンの生駒祐子さんも可愛くて色っぽくて
もう、目が釘付けです♡

そして、黒いシャツを着た清水恒輔さんの襟元に
結んであったリボンが、イイホシユミコさんの名前がはいった、
彼女のオリジナルの白いリボンだと気づいた時、
私はとても幸せな、暖かい気持ちになりました。
恒輔くん、良い男だなーーーーー♡

前回mama!milkを見た時は
イイホシユミコちゃんと一緒に見たなぁ、とか
恒輔くんは若い時から全然変わってないなぁ、とか
色々思い出しながら、山形の焼酎をいただき、
幸せに酔いしれた夜でありました。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

普通〜に友達だった人が、素晴らしいアーティストに成長すると
友達だ、という事を妙に自慢げに語ってしまいますね。
やらしいなぁ、私(笑)。

☆「小説すばる」にて連載していた、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』2013年春頃単行本発売決定ちゃん☆

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/25発売
☆『麴のおつまみ
        (池田書店)2012/5/28発売中

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2012-10-17 12:13 | お友達 | Comments(4)

イイホシユミコ 『今日もどこかの食卓で』

c0216405_14183280.gif

私が『世界一、センスが良い』と思っている
磁器作家イイホシユミコさんの本
今日もどこかの食卓で』が発売されました。
本当はずいぶん前に出ているのですが
告知が遅くなってしまいました。

この本は『暮らしのおへそ』という雑誌などを
手がけている編集者・一田憲子さんが、
イイホシさんから話を聞いて
それを一冊の本にしたもの。
イイホシさんスタイリングの、彼女の器や
自宅、飼い犬など、雰囲気の良い写真も
盛りだくさんです。

他人の半生を本にする、なんて、自分の事より
大変そうですが、イイホシさんの強さや
優しさがふんだんに詰まっていて、
とっても良い本だと思います。

個人的に、昔からイイホシさんと友人で
この本に書いてある事はほとんど
その、裏話までも(笑)
彼女の口から聞いた事がある話なのですが
それが、こんな立派な一冊の本になった
という事にすごく感動して、
私はこの本を読みながら泣いてしまいました。

イイホシさんにその話をしたら
彼女も私の、最初の本が出た時に泣いたそうです。
(ばらしてごめんー)

時々会って、すごくたくさん話をして
いつも彼女の強さと優しさに励まされてます。
上っ面じゃない、本当の強さと優しさ。
そうして、びっくりする様な斬新な発想で
見栄えも、使い勝手も、ものすごく
良いものを作り上げるセンスの良さ。
それがこの本にはふんだんに詰まってます。

きっと、生きていく事って
誰でも、すごく大変で、
悩みとかストレスとか、ない人は
いないと思うのですけど
この本を読んだら、ほんの少し、
そういう事を、楽しい事に変換できる
方法が見つかるのではないか、と思います。
私がいつも、イイホシさんに
もらってるものがもらえる、素敵な本です。

なんて、友達すぎて、こんな事書くの、
本当はすごく、こっぱすかしいんですけどね(笑)。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

最近の九州の大雨は、私が昔住んでいた熊本や
大分の祖父母の実家のあたりや、
友人や両親兄弟が住んでいる福岡など、
何かと心配な場所ばかりです。
トーキョーは暑すぎて、別世界ですけど〜。

☆2012.5.28『麴のおつまみ』(池田書店)発売中!

☆「小説すばる」にて、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』好評連載中!

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)2010.11.28
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)2011.8.28

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2012-07-15 14:29 | お友達 | Comments(6)

いかマニア

私が麹関係で初めて取材を受けたのは
NHK出版の『きょうの料理ビギナーズ』という雑誌内の
『食べ物マニアーズ』というコーナーで、
「麹マニア」という事で、紹介していただいたのが最初です。

最近の塩麴ブームなぞ、想像もしてなかった、
ただのアホの麹フェチっぷりを、大宮冬洋さんの
おもしろい文章と、時川真一さんの、
愛溢れるイラストで、上手に表現していただきました。
今でも、この記事は大好きです。

で、最近「誰かまわりに、食べ物マニアはいませんか?」と聞かれ、
思いついたのがいか好きの友人。
好きな物は好きすぎる彼女、オオトウゲマサミちゃんは
イラストレーターだし、エッセイも、絵本も描くし
『ひとりパリ行き』(だいわ文庫)他、著書多数出している
才能あふれる、我が道をただひたすら歩く、
(心が)オトコマエな、女性です。

なのですが、この記事を読んで、爆笑してしまいました。
おもしろすぎる。可愛いすぎる。アホすぎる。
何かのマニアって、他人からみたら
ただのアホにしか見えないと思うのですが
「本人が幸せ」ってのが、何より見ていて気持ちが良い。
私は今までよりもっと、トーゲが好きになりました♡

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ついに! 拙著が二冊とも10万部を超えてしまいました。
あまりの事に、恐ろしくて、喜び方がよくわかりません。
ですけど、応援してくださる皆様、
助けてくれる友人達のおかげです。
どうもありがどうございます。

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

そして異例の、料理本とセットになった楽曲
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2012-02-22 21:56 | お友達 | Comments(14)