「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

カテゴリ:ニューチェリー( 2 )

会員制バー・ニューチェリーへの道-其の弐

c0216405_11175058.gif

キッチンにカウンターを置き、
ちょっとした飲み屋さんごっこをしたいと思い、
引っ越しを機に、知り合いにお願いして
バーカウンターを作ってもらいました。
予算の都合により、塗装は自分で
やりましたよー。
最初は焦げ茶色の、
しぶーい、昭和の場末のバーみたいな
カウンターにする予定だったのですが、
できたての、無垢な材木に色を塗ってしまうのが
忍びなく、米ぬかからとったという
オイルだけ塗ってみました。
テーブル部分以外は、安い合板ですけど。
お台所もピッカピカなので
一見、洒落たカフェの様に見えますが
裏を返すと、お酒用のソーダ、果実酒
各種お酒に塩麹にぬか漬けと
(ゴミ箱とトレイもありますが)
渋いモノが並んでおります。
籠の中はグラスがはいってますよー♪
c0216405_11181954.gif


でも、これだけではわかりづらいので
ゲストを呼んで、それっぽく飲んでみました。
c0216405_1131111.gif


というか、本気飲みですけど(笑)。
なんかこういう狭い空間って、
落ち着きませんか−?
悩み相談とか、恋バナとかしちゃったり。
c0216405_11185285.gif


で、カウンターと一緒に、廃材を使って
テーブルも作ってもらいました。
こちらもオイルを塗っただけです。
(光ってて、わかりづらい!)
木の節のあたりはボコボコとしており、
すでにもうシミも付いているのですが
もっともっと汚して、傷つけて、
手垢やシミだらけの
良い感じのテーブルに育てたいですねー。
ちなみに、格好いいソファーはもらいもの。

とりあえず最近オープンしたばかりの
バー・ニューチェリー。
テーブル類もピカピカだし、ママ(私)も
色々不慣れなのですが、もっと友人達に来てもらって
なじませていきたい、と思っております。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ちなみに昨日は、友人とやっている
バー給湯室』にて、
「ローコスト・ハイアルコール」のカクテルを
売りさばき、また、野郎共(女子含む)を
メロメロに酔わせて参りました!
売り手も呑んでいるくせに、
お勘定だけは忘れない、
しっかり者の私たち♡

☆2012.5.28『麴のおつまみ』(池田書店)発売です!

☆「小説すばる」にて、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』好評連載中!

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2012-09-24 11:33 | ニューチェリー | Comments(4)

会員制バー・ニューチェリーへの道-其の壱

c0216405_1922436.gif

私は昔、代官山に建っていた、すごく古い木造の、
わりと広めのアパートに住んでいました。
駅からも近いし、ずいぶんと雰囲気のあるアパートで、
窓の外には緑の借景が美しい、
ステキな場所だったのですが
あまりの老朽化の為に引っ越さねばならず、
荷物をずいぶん捨てて、中目黒の、ごく普通の
やはり木造のアパートに自宅として引っ越し、
事務所として何人かでシェアしている、
池尻大橋のマンションを借りました。
c0216405_1933966.gif

それから3年半くらいが経ちましたが、
その間に仕事が激変。
今まで事務所でパソコンに向かって、
イラスト描いたりしていたのが、
麴の料理本を出し、思いがけず話題になり、
息つく暇がなく、
自宅の小さいキッチンで料理をしてはレシピを作り、
事務所では今までやっていた、料理以外の仕事をして、
雑然とした会議室を借りて、
雑誌のインタビューに答えたり、
撮影は友人のスタイリストさんの
ご自宅をお借りして……と
どーにかこーにか、つぎはぎだらけでやってきましたが
ここらで一発、引っ越しでもして、自宅兼事務所にでも
しようではないか、と一念発起。
知り合いに不動産屋さんを紹介してもらって、
部屋探しを始めました。

動き出したら早い私。
桜新町に、古いけど、とにかく風通しが良い
マンションを見つけました。
まだ、前の住人さんが住んでいらっしゃるし、
さすがに築31年なので、
水回りのリノベーションだけ
やってもらおうと思っているので
引っ越すのは夏になりますが、
キッチンにカウンターを設置して、
飲み屋さんごっこができる様にしたいなぁ、
ともくろんでおります。
イメージは、居心地の良い、昭和風隠れ家バー。
店内は狭くて、席は数席しかなく、
お通しは「昨日の残り」みたいなお総菜。
生ビールじゃなくて、瓶ビール。
他は焼酎、日本酒、角ウィスキーなんかあれば充分。
名前は「バー・ニューチェリー」(笑)。

そんな妄想をしつつも、
割とコンパクトに暮らしていたので、
引っ越した所で、しばらくの間は
スッカスカだと思いますが
少〜〜〜しづつ、
色々そろえていきたいなぁ、と思ってます。

また、暑くなってきたら、お引っ越しの様子なども
お伝えしていきますね〜。

写真は現在の自宅のお洒落スペースと
コックピットの様にモノが配置された台所。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

そんな訳で、ブログの更新も滞っておりました。。。
ああ、早く落ち着きたいです!

☆2012.5.28『麴のおつまみ』(池田書店)発売です!

☆「小説すばる」にて、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』好評連載中!

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2012-06-02 19:07 | ニューチェリー | Comments(12)