ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

カテゴリ:イベント( 61 )

6/22 エンテツさんとトーク@さばの湯

c0216405_9573273.gif

※本文と写真は関係ありません。

経堂にある『さばの湯』という呑み屋で
呑んでいた時の事。

酒の席での冗談かと思っていたのですが
「大衆食堂の詩人」「酒飲み妖怪」と呼ばれる
エンテツさんこと遠藤哲夫大先生と私が
人様の前でトークをするらしい。

しかもタイトルが「俺とエロと塩麹と私」って、
いったい何を話すねん(笑)!
6/22(日)経堂 さばの湯 にて。

ちなみに6/29(日)はエンテツさんと
手ぬぐい番長(またの名を酒呑み番長)が
「俺とエロと手拭いと私」というタイトルで
トークします。こちらもお楽しみに!

料金はたぶん投げ銭じゃないでしょうか(曖昧)。
めくるめく官能的なエロスの世界と
微細に広がる麹の世界が交差して
無限の小宇宙を醸し出す事でしょう(意味不明)。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

台湾旅行の写真をアップしたいと思いつつ
飲んでばっかで全然進まず
ちょこちょこ小出しにしてます(笑)。
画像は「肉圓」という、もちもちの皮の中に
ゴロゴロの甘辛い肉がはいってて
甘辛いたれがかかったもの、
パクチーたっぷりのスープ、
コンビニで買った持ち込みビールのお昼ご飯。
もちもちなので、結構お腹がふくれます。
甘辛いモノ大好き♡

☆友人「ひーひ」の、4コママンガブログ始めました。

☆密かにツイッターなどでつぶやいてみております。
@misa_ono

ワタクシの著書
☆『おのみさの麹のよさを200%引き出すアイデア帖
    (KADOKAWA/メディアファクトリー)2014/3/14発売

☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2014-05-19 09:56 | イベント | Comments(1)

【おのみさ麹本出版を祝って呑もう会】終了

2014年3月21日(金)、野暮酒場にて行われた
【おのみさ麹本出版を祝って呑もう会 】、無事に終了致しました。
ふひーーーー。

ゆるゆるの設定だったせいか、18時開場なのに三々五々の集まり、
しかも店員10〜15人の所、22人も人が集まってしまい(笑)
てんやわんやの立ち飲み状態!
販売用の本も早々に売れてしまうし(感謝!)
もう終わりだっつってんのに誰も帰らないし(笑)
そんな状態なので、一枚も写真ないし(すんまそん)
ほんとにダメダメ状態だったのですが
私もめちゃめちゃ楽しかったし
来ていただいた方も、にぎやかで楽しめたのではないかと
思っております。
でも、迷惑かけた方がいたらごめんなさい
(とりあえず謝っとく)。
特に野暮酒場さんには、
大変な思いをさせたのではないかと……(汗)。

いやいやでもでも(開き直る)、
今回は損得抜きだったので、色々作りましたよ〜。
作りすぎましたよ〜。

拙著新刊から、以下のものを作りました。

ド定番!
☆豆腐の塩麴漬け
☆卵の塩麴漬け
どちらも1週間モノ!

居酒屋といえばこれでしょ!
☆鶏レバーとうずらのソース煮
☆玉ねぎと魚肉ソーセージ炒め

安くてうまい!
☆もやしとカニかま和え
☆ふわふわつくね

揚げない楽ちん南蛮漬け風
☆ししゃもマリネ

ちょいと珍しい組み合わせ
☆トマトと厚揚げ
☆ひじきソーセージ

と、酒飲みの心をくすぐるメニューを選んでみました♡

トークなしの、ただの呑み会イベントは結構楽しくて
性に合っていたので、また近いうちにやりたいと思っております。
次はもう少しもうけねば(笑)。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

近所で家賃10万、という店舗物件を見つけて
少し心が揺らいでおります。
日替わりでおつまみ3品くらいの晩酌居酒屋とか……。

密かにツイッターなどでつぶやいてみておりますが、
まだイマイチやり方がわかっておりません。
@misa_ono

ワタクシの著書
☆『おのみさの麹のよさを200%引き出すアイデア帖
    (KADOKAWA/メディアファクトリー)2014/3/14発売

☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2014-03-24 11:22 | イベント | Comments(0)

【おのみさ麹本出版を祝って呑もう会 in 野暮酒場】

c0216405_1913844.gif

【おのみさ麹本出版を祝って呑もう会 in 野暮酒場】

日時:2014年3月21日(金)18:00〜(2時間くらい)
料金:おつまみ代 500円(飲み物代は別です)
場所:野暮酒場

3/14(金)発売の拙著
『おのみさの麹のよさを200%引き出すアイデア帖』の
出版記念会を開きます。
出版記念会といっても大げさなものではなく、
ワタクシ、トークなど苦手ですので(笑)
東京の東のはずれ、小岩にある脱法酒場
『野暮酒場』をお借りして、
ちょっとした麴のおつまみをつまみながら、
緩選した旬の安酒をみんなで楽しく呑む、というゆるーい会です。
当日は拙著の販売も致します。
サインが欲しい、という奇特な方がおられましたら
いくらでも描かせていただきます。

お時間ありましたら、みんなで楽しく呑みましょう〜。
呑めない方も、持ち込みアリですのでお気になさらず。
おつまみの持ち込みも、大歓迎です(笑)。

なんとなくの人数を把握したいので
タイトルを「おのみさ麹本出版を祝って呑もう会」として
メールでお知らせ下さいませ〜。

☆予約受付メール
cherry@contents.co.jp (おのみさ宛)
tano_yabosakaba@yahoo.co.jp(野暮酒場宛)

☆『野暮酒場』の行き方は
メールにてお知らせ致します!

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

昨夜は恵比寿で呑みすぎてしまい
タクシーで帰ろうとしたのですが
中目黒あたりで気持ち悪くなって
一端タクシーを降りようとしたら
財布がないっ!
でも親切な運転手さんだったので
タダで降ろしていただいた。
で、呑んだ店に電話したら
お財布があったので、歩いてお店に戻り
めちゃめちゃ笑われながら
お水をいただいて酔いをさまし
朝5時に帰宅。
ダメな大人です。とほほ。

密かにツイッターなどでつぶやいてみておりますが、
まだイマイチやり方がわかっておりません。
@misa_ono

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2014-03-01 19:18 | イベント | Comments(0)

SODOさんで甘酒ミルクティー

c0216405_14504120.jpg

今年の5月に、拙著『麴巡礼』の
出版記念イベントを開催させていただいた
上町にあるカフェ『SODO』さん。

世田谷線沿線独特ののどかな街並みに
ひっそりとたたずんでいて、
この時期はドアを開けっ放しにしているのですが
気持ち良い風がはいってきてひんやりと
心地よい空間で、おいしいお茶をいただいたり、
甘さがほどよい、手作りのお菓子をいただいたり、
ビールやワインも飲める(ココ重要!)、
お洒落なのに、お洒落すぎない
本当に居心地の良いお店。

こちらでのイベントの時にお出しした
甘酒入りのミルクティーが
この度めでたく、SODOさんのメニューに
加わりました! わーいわーい!

自分でも家で飲むのですけど、
人がいれてくれるとなんでこんなにおいしいんでしょう♡
ほっこりと幸せな気分になります。
麴のつぶつぶもぷちぷちしていておいしい♡

それと私はここの、焦がしチーズケーキが
とってもお気に入り♡
ハヤシライスも珈琲に合ってておいしいですよん♪

あ、画像はSODOさんに提供していただきました!
(自分で撮り忘れました・汗)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

コツコツ貯めたマイルで香港女二人旅行を計画中♪
今年はきっと、日本の神様はお忙しいので
香港の神様に運気アップお願いしてきます!
前回香港に行った時は、私の初の麴本
『麴のレシピ』の出版半年前でした。
香港に行くと、なんか運気が上がる気がします。
今回も何か良いことあるといいなぁ〜♪

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-06-30 14:53 | イベント | Comments(4)

5月28日(火)の『笑っていいとも』に出演しました

c0216405_1026111.gif

私は「良い本であれば、本は売れる!」と思っています。
ですが私のように「本屋チェック好き」という人間は少ないので、
いくら良い本を作ってもなかなか人の目にふれる機会が少ない。
という訳でイベント活動やメディアを活用した宣伝というのも
非常に大事になってくるわけです。

そんな事を考えていたある日、拙著出版社さんの
担当編集ちゃんから「フジテレビジョン『笑っていいとも』の
スタッフさんから番組出演のオファーがきました!」
という連絡がっ!
私は驚きのあまり「そうきたか!」と叫んでしまいました。
なんでも「女性ベストセラー作家、誰の本が一番売れたのか
ランキング(タイトル違うけど)」という内容のコーナーに
出て欲しいという依頼。
拙著『毎日がたのしくなる 塩麴のおかず』が何万部売れたのか
私を含めた4人の女性作家さんの本と比較して、
順位をつけるというクイズ形式です。

お昼の顔と言われる、超有名長寿番組森田一義アワー。
ワタクシなんぞがそんなキラキラした番組に出て
いいものだろうか、と思いつつも、こんなに宣伝効果の
高い話もないし、なにより私はタモリさん大好き♡
断る理由など何もなく、出演する事になりました。
本の宣伝の為なら、さらし者にもなりますとも!
生放送の緊張にも耐えてみせますとも!

いやもう、数日前から緊張しまくり、
服は何を着ていこうか悩みまくり、当日本番前など
お腹痛くなるくらい(笑)だったのですが
とりあえずリハーサルではうまく言えなかった
本の宣伝が、本番ではできた(と思う)ので
とりあえず安心。
終わったあとは頭に血が上りすぎて真っ赤になっていて
周りの人に心配されておりました(笑)。

で、最後はみんなで「いいともー!」と言いながら
拳を振り上げで終了。
おみやげにタモリさんキャンディもいただいて
(我が家の家宝です♡)充実感いっぱい♡
新宿でビール&かき揚げ蕎麦で
一人打ち上げを致しました。
c0216405_10232085.gif

お疲れ様、私!

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

ちなみに名著『毎日がたのしくなる 塩麴のおかず』は
20万部も売り上げたんだぜぇ(印税率は低いぜぇ)。
だって本当に良い本なんですもの☆
次は名著『麴巡礼』の宣伝活動もやっていいかな?


ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-05-29 10:36 | イベント | Comments(4)

koedameイベントvol.0終了

c0216405_9373029.gif

先日、代官山のマンションの1室で開催された
koedameイベントvol.0」の
プレパーティに参加してきました。

私に課せられた使命は、簡単な塩麴料理を持っていく事と
(定番のゆで卵の塩麴漬けとレバーの塩麴漬け)
30分くらい、麴や塩麴の話をする事、だったのですが
たぶんなんとかきっと無事に任務を果たして参りました。
c0216405_9374690.gif

本当は「人前で話すなんて緊張するーーー」と思ってましたが
お料理担当さんのおいしいお料理や
お酒やジュースをいただきながら和気あいあい…
という良い雰囲気だったので、たいした緊張もせずに
楽しくお話できたのではないかと思います。

でも、初めてのイベントという事で
なんだかバッタバタで、私は台所でずーっと
茶碗洗ったり拭いたりしてた気がします(笑)。
いや、ちゃっかりお酒もいただきましたし
お料理も十二分に堪能しましたし
自分の本も数冊売りさばきましたよ☆

イベントって特に主催者さん達は本当に
大変だろうなぁと思うのですが、
やっぱり大変な中にも楽しい事とか収穫とか
色んな素敵な事が混ざってるから、大変でも
またやろう、という気になるんでしょうね。

私も少しずつ、慣れていこうと思ってます。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

うちから歩いて20分くらいの所にある魚屋は
刺身・切り身・海草・貝類・その他加工品が
取りそろっており、しかも安くて新鮮でおいしい!
歳をとったら魚のおいしい町に住みたいと
思っていたけど、すでに大満足です♡
謎の魚卵や白子を見るとワクワクします♡

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-05-22 09:41 | イベント | Comments(0)

koedame(!?)イベントに出ます

c0216405_930396.gif

ブログにアップするのが遅くなりすぎてしまいましたけど
5月18日(土)に代官山で行われる
koedame」というイベントに参加します。
タイトルが微妙なのですが(笑)。
初めての試みらしく、私も全貌がよくわかっておりませんが
とりあえず、簡単な試食付きで、麴のお話をさせていただきます!

根が小心者の人見知りゆえ、人前で話すなんて
私の中では拷問に近いのですが(笑)
人間、やらねばならないとなると、やれるものですね。
人見知りも、度重なる引っ越しで
泣きながらなんとか克服しましたし。

最初の本を出してから、取材などで何回も何回も何回も
麴の話をしまくっているのですが
それでもまだ、初対面の人には麴の質問をされますし、
拙著にレシピ提供をしてくれたくらいの
塩麴の達人さんでも、甘酒の事は知らなかったりするんです。
「何度も同じ話をしなくてもいいんじゃないか」と
思っておりましたが、何度も同じ話をした方が
いいのではないかと思いなおし、
何度も同じ話を色んな場所でしていこう、と
腹をくくった所です。

酔っぱらうと何回も何回も
同じ話するくせにね(笑)。

とはいえ、やはりライブでは何が起こるかわかりません!
多少の失敗もおもしろかろう、という
広〜〜〜〜い心で、ぜひご参加下さいませ!

写真は内容とまったく関係ありません。
レイチェルダットさんとイチくんの
出産記念レコード
と、我が家の植物達。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

「ちょっと風邪気味だけど大丈夫!」などと
言いながら呑み続けていたら、まーー、
風邪の治らない事(笑)!
観念しておとなしくして、やっと復活!
咳は出たけど、地味〜〜〜な風邪でした。

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-05-14 09:31 | イベント | Comments(4)

『SODO de 麴巡礼』終了しました!

c0216405_13555692.gif

散歩の途中で見つけた
とても居心地の良いカフェ『SODO』。
オーナーさんと共通の知り合いがいたりして
なんとなく縁を感じて通っているうちに
ここで何かイベントをやりたいなぁと思い出しました。
c0216405_13563345.gif

人前で話をするなんて、死ぬほど苦手なのに
なぜやりたいと思ったのか不思議なのですが
珍しく能動的に動き、拙著の編集ちゃんにも
多大に協力していただき、本当に実現する事になりました。
c0216405_13565369.gif

15名のうち、半分以上は身内という(笑)
アットホームな会。
甘酒の飲み物と簡単な軽食を食べていただきながら
プロジェクターで『麴巡礼』の画像を映しながら
麴の話や旅の話をする、というもの。
c0216405_13571568.gif

個人的に反省点は多々あるのですが
優しい人達に囲まれて、きっと楽しく
過ごしていただけたのではないかと……
思っております、思いたいです!
c0216405_13573643.gif

もちろん一人では無理なので
編集ちゃんや友人達にも色々手伝ってもらいました。
前日には緊張のあまり「余計な事しなきゃよかった」と
相当後悔も致しましたが(笑)、終わってしまえばもう、
「やって良かった! 楽しかった!」と思えるモノ。

来ていただいた人達には本当に感謝です!
私のブログやチラシを見てくれた方と直接お会いできたり
友人達に楽しんでいただけたり、
やはり生で話ができるというのは良いですね。
また、どこかでがんばってみようかと
思ったり思わなかったり……(どっちやねん)。

あ、今回の画像は2人の友人のカメラマンさんが
撮ってくれたので、安心して見ていただけますよ〜。
c0216405_13581654.gif


+ + + + + + + + + + + + + + + + +

折しも5月2日は愛する忌野清志郎氏の命日。
ラジオから「わかってもらえるさ」という曲がかかり
胸がキュンキュンと切なくなったのでした。

ワタクシの著書
☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-05-04 13:58 | イベント | Comments(0)

おのみさ著『麴巡礼』イベントのご案内

4月26日(金)にワタクシの新刊
『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅』が発売されます。

北は岩手から南は鹿児島まで、
昔ながらの麴食品を造り続けている職人さんに会いに行った、
麴愛いっぱいの旅エッセイ&レシピ集です。

な…なんとあの小泉武夫サマ
(発酵学者・東京農業大学名誉教授)が
「麴の魅惑に駆られて訪ね歩いた美味巡礼の旅。
麴の底力がわかる天下無敵の食紀行だ!」
と推薦の言葉を寄せてくださいました~!!

刊行を記念して、恥ずかしながらワタクシの
トークイベント(麴まみれの軽食付き)を開きますので、
ご興味のある方はぜひお申し込みください。
詳細は以下です!

<SODO de『麴巡礼』>

『麴巡礼』にゆかりのある軽食と甘酒ドリンクを楽しみながら、
旅の思い出話に耳を傾けていただく会です。
どうぞお気軽にご参加下さい。

○日時:2013年5月2日(木)
○時間:18:30(開場18:00)〜20:30
○料金:1500円(飲み物・軽食込み) 
 ※当日、現金での精算になります。
○場所:SODO 東京都世田谷区世田谷2-14-3 1F
*東急世田谷線の「上町」から徒歩5分くらいです。
*東急世田谷線へは小田急線「豪徳寺」、
東急田園都市線「三軒茶屋」、京王線「下高井戸」で乗換えられます。
*東急田園都市線「桜新町」からでしたら徒歩15〜20分くらい。
*バスの場合は渋谷から「成城学園」、
「祖師谷大蔵」行きバスで「桜小学校」下車、
バス停のすぐ目の前に店があります。

○飲み物(予約時にAかBのどちらかをお選び下さい)
A.甘酒の焼酎割り(ソーダ割りかお湯割り/焼酎は黒霧島です)
B.甘酒ソイチャイ(甘酒+豆乳+紅茶)

○軽食
碁石茶おにぎり(高知の碁石茶)
かんずりチップ(新潟のかんずり)
プチトマトとうずらの黒酢ピクルス(鹿児島の黒酢)
セロリときゅうりのナンプラー麴漬け(埼玉の乾燥麴)
※なお、メニューは都合により、変更の可能性もあります。

○ご予約方法:koujinokoto@yahoo.co.jp 宛に
お名前、当日のご連絡先(携帯電話番号など)、
ご希望の飲み物(A or B)、人数を書いてメールしてください。
定員15名ですので、お早めに(先着順)お申し込み下さい。

当日は『麴巡礼』、その他の拙著の販売も行います。
ご希望の方には、サインをいたします。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

発売まであと2週間! わくわくします。
トークイベントなんて苦手なのですが
このカフェはとても雰囲気が良いので、選びました。

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
☆『麴のおつまみ
        (池田書店)2012/5/28発売中

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-04-11 09:36 | イベント | Comments(2)

居酒屋『給湯室』、出動しました。

c0216405_22295969.gif

また、センスのかけらもない写真ですいません。

私は時々、友人が主催するライブイベントなどで
おつまみ付きのお酒を、キラースマイルと破格の値段で
売りさばく「バー給湯室」という出張飲み屋をやっております。
たいした儲けはないのですが、ライブを楽しみながら
友人3人できゃっきゃきゃっきゃと楽しく
呑みながら(笑)お酒を売りさばくのが楽しくて
時折、出没しております。
いつもは「バー給湯室」なんですが、
今回は洋酒がないので、「居酒屋給湯室」という
名前になってます。
c0216405_22301473.gif

ちなみに「給湯室」とは、私たちが楽しそうに
売りさばいてる様が、まるでOLの給湯室みたいだ、
という事でつけられた名前。

この日は町田にある簗田寺というお寺で行われた
レイチェル・ダッドさんとICHI君の
(その他 yumbo、Gofishさんも)
ライブでの出店です。
今回のおつまみは、私は塩麹の鶏ハムに卵焼きなど、
友人達はケークサレや手作り岩のりの佃煮、
ミートボールにお赤飯のおにぎりなどなど。豪華♪

こんなにおいしそうなおつまみがあって
破格の値段のお酒があって、
女(子)3人の楽しい笑顔があれば、
売れない訳はない(笑)。
ライブの合間には常に
酒飲みが周りにわらわらとたむろします。
おいしい物と、お酒と、楽しそうな笑顔があれば
人は寄ってくるもんだなぁ、とつくづく実感。
まぁ、ほとんど身内ですけど。
もちろん、お酒もおつまみもきっちり完売。
些少ながら黒字だったので、
その金でまた呑んで帰りました♪

レイチェルさんの天使の様な可愛らしい歌声と
ICHI君の本当に楽しいライブも見もの。
ヨーロッパの絵本に出てきそうな二人です。

まったく儲ける気のない、趣味の出張酒場。
またどこかへ出没しますよー。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

この日は昼間、猛烈に暑かったのですが
夜はすっごい寒かったっす。
町田とはいえ、山はあなどれまへん。

「小説すばる」にて、全国の麴を巡る旅日記
『麴巡礼』好評連載中!

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』(池田書店)
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』(池田書店)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2012-04-29 22:36 | イベント | Comments(8)