「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

カテゴリ:麴( 3 )

Koji mold world! ホームページ作りました。

c0216405_1043485.gif

去年ずっと、海外に日本食を紹介するサイト
Cupido』内の麹のコラム『Koji mold world!』を
書いて、描いていたものを、やっと少しづつ
アップしていこうと思って
ホームページを作りました。

海外の人にむけての麹に関するお話や、
海外でもなるべく入手しやすい
食材を使ったレシピなどをアップしていきます。

前にブログでもアップしていたのですが
ブログだとやっぱりこーゆーのは
見づらいですものねぇ。

一応、料理写真も撮ったのですが
美大出てるくせに写真の下手さったら…(汗)。
ホント、すいません……。

そしてwebデザインと言えるかどーかも怪しい
ギリギリのデザインになっております。
ホント、すいません……。

全45話+麹屋さん見学などを掲載していきますので
ご興味ある方は、覗いてみてください〜。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
1/11(月)の『麹まみれのきのことちくわナイト』
@さばのゆ、大変ご好評でした!
来ていただいた方、ありがとうごさいますっ!
次回2/5(菌)は、鰹だしときのこを
ふんだんに使ったおつまみを作る予定☆
またよろしくお願いいたします〜♡
+ + + + + + + + + + + + + + + + +

☆海外に日本食を紹介するサイト『Cupido』の内の拙コラム『Koji mold world!』の日本語版サイト作りました。
☆Facebookでおのみさページを作ってみました。

☆破天荒なおもしろ人生を送った友人「ひーひ」の、4コママンガブログです。

☆密かにツイッターなどでつぶやいてみております。

+ + + ワタクシの著書 + + +
著者:小泉武夫 絵・レシピ:おのみさ
(講談社サイエンティフィク)2015/2/25発売
(KADOKAWA/メディアファクトリー)2014/3/14発売
(集英社)2013/4/26発売
(池田書店)2012/5/28発売
(池田書店)2011/8/26発売
(池田書店)2010/11/25発売

☆異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた』(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

[PR]
by misa-ono | 2016-01-15 10:45 | | Comments(0)

ごと(こうじ)納豆

c0216405_8411683.gif

図書館には普通の本屋さんでは売っていないような
マニアックな本が結構置いてあるので、
時々チェックしに行きます。
(児童書も含む・笑)

その本の中に山形に伝わる発酵食品
「ごと納豆(こうじ納豆とも言う)」の
作り方が載っていたので、さっそく造ってみました。
本の下にさりげなく置いてある
得体の知れないモノがソレです。

ごと=五斗も入る樽で作っていたから
そう呼ばれるらしく、長く置くと酸味が出るので
雪の中で保存していたので
「雪割り納豆」とも言われるそうです。

前から知ってはいたのですが
食べたことがなかったので
これを機会に作ってみたのですが
どうも、レシピ通りに作らないクセがあり(笑)
レシピより納豆多め、スルメと乾燥メカブの代わりに
塩昆布をいれて造りました。

しかも、うちにあるヨーグルトメーカーで
自家製納豆を造ってからのごと納豆造り。
大豆を水に漬ける事から始めたので
できあがるまでに
一週間くらいかかっちゃいました(笑)。

ざっと造り方を書くと
麹にぬるま湯と塩をいれ、
たたいた納豆、塩昆布をいれて混ぜ、
常温で一週間熟成させるそうです。
(でもここ最近暑かったので
     4〜5日で熟成しました)
c0216405_841315.gif

麹の甘さが引き立つ、とろりとした納豆。
試しに茹でたほうれん草にたっぷり和えてみました。
うまい〜〜〜♡

またまたお酒が進みそうなモノを
見つけてしまいました☆

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

この本には他にもザウアークラウトや
アップルサイダー(りんごジュースから作る、
シードルのようなもの)なども
作り方が掲載してあって
発酵フェチ心をくすぐります♡
ザウアークラウト、作りたい!
児童書とはいえ、あなどれません。

☆友人「ひーひ」の、4コママンガブログ始めました。

☆密かにツイッターなどでつぶやいてみております。
@misa_ono

ワタクシの著書
☆『おのみさの麹のよさを200%引き出すアイデア帖
    (KADOKAWA/メディアファクトリー)2014/3/14発売

☆『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅
         (集英社)2013/4/26発売
☆『麴のおつまみ
         (池田書店)2012/5/28発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2014-06-05 08:45 | | Comments(0)

麴の酵素

麹には酵素が含まれており、それを効果的に取り入れるには
60度以下のお湯で保温して柔らかく戻して、
それを食べる、というのがきっと良いのだろうなぁ、
と思うのですが、なんだかそれじゃあ味もそっけもないので、
そういう事をあまり気にせず、おいしさ、手軽さをメインに
レシピを考えたりしています。

でも最近、乾燥麹の「みやここうじ」さんのHPの
「こうじのご利用法」という項目の中に載っている
はと麦酵素ドリンク」というものを飲む機会があり、
飲んでみたら、しゅわしゅわ発酵していておいしかったのと、
それをずっと飲んでいる、という人がいて、
その人のお肌がお歳の割に(失礼!)つやっつやだったのを見て
なんだか刺激されてしまい、私もマネして作ってみました!

だって、はと麦には美肌効果があるらしいしぃ〜
酵素は老化を遅らせるっていうしぃ〜(結構気にしてる)
四十路&アトピーの私にはぴったりかもぉ〜!

まず、はと麦(ヨクイニン)というものを手にいれます。
はと麦とお米は洗ってお水と一緒に鍋をいれ、
弱火で2時間…とレシピには
書いてあったのですが、節ガスの為、
圧力鍋で沸騰してから15分に短縮。
c0216405_061136.gif

そのまま「お風呂よりちょっと熱いかな〜」くらい
(60度以下)まで冷まし、冷ました所で麹を投入。
c0216405_063225.gif

さらにそのままフタをして、またしばらく放置。
人肌くらいに冷めた所で、ちょっと面倒ですが
フードプロセッサーで粉砕して、瓶にいれる。
c0216405_065876.gif

レシピには「冷暗所に保存」と書いてあるのですが
そんな場所はないので、ラップでふんわりフタをして
常温で一晩置いてみました。
c0216405_071786.gif

翌日。
増えてました(笑)。

いや、麹さんがしゅわしゅわ発酵して
増えた様に見えてるだけなのですが
あまりの発酵っぷりに驚いて冷蔵庫にいれました(笑)。

冷蔵庫に保存しやすいように
細長い瓶にいれてみたのですが
この状態だとまぜにくいので、
別の容器に移動させて混ぜてみました。
c0216405_074068.gif

この状態でも、食べて(飲んで?)みると
ちょっとしゅわしゅわしていて、効きそう(笑)。
まだ、麹の粒が残っていて、口当たりは悪いのですが。

良い状態に成るまで2週間かかる、と書いてありましたが
ちょいちょい飲んでしまいそうです。
なんというか、あまり甘くない甘酒が
しゅわしゅわ発酵している感じ?
甘酒みたいにもう少し保温したらもっと早くできるかも!

ちなみに、麹の美白水というのも仕込んでみました♪
SK○ピテラ(酵母の事だそうです)に勝てるかしら?(妄想)

もう最近、寄る年波には勝てそうにないので、
麹の力を借りて内から外から発酵してみようかと妄想中。
頼むぜ! 麹ちゃん!

どこまで続くかわかりませんが(すぐ飽きるかも?)
とりあえず続けてみまっす♪♪♪

※ちなみに、私はレシピの半分の量で作りました!
[PR]
by misa-ono | 2011-06-14 00:14 | | Comments(6)