ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

おのみさ著『麴巡礼』イベントのご案内

4月26日(金)にワタクシの新刊
『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅』が発売されます。

北は岩手から南は鹿児島まで、
昔ながらの麴食品を造り続けている職人さんに会いに行った、
麴愛いっぱいの旅エッセイ&レシピ集です。

な…なんとあの小泉武夫サマ
(発酵学者・東京農業大学名誉教授)が
「麴の魅惑に駆られて訪ね歩いた美味巡礼の旅。
麴の底力がわかる天下無敵の食紀行だ!」
と推薦の言葉を寄せてくださいました~!!

刊行を記念して、恥ずかしながらワタクシの
トークイベント(麴まみれの軽食付き)を開きますので、
ご興味のある方はぜひお申し込みください。
詳細は以下です!

<SODO de『麴巡礼』>

『麴巡礼』にゆかりのある軽食と甘酒ドリンクを楽しみながら、
旅の思い出話に耳を傾けていただく会です。
どうぞお気軽にご参加下さい。

○日時:2013年5月2日(木)
○時間:18:30(開場18:00)〜20:30
○料金:1500円(飲み物・軽食込み) 
 ※当日、現金での精算になります。
○場所:SODO 東京都世田谷区世田谷2-14-3 1F
*東急世田谷線の「上町」から徒歩5分くらいです。
*東急世田谷線へは小田急線「豪徳寺」、
東急田園都市線「三軒茶屋」、京王線「下高井戸」で乗換えられます。
*東急田園都市線「桜新町」からでしたら徒歩15〜20分くらい。
*バスの場合は渋谷から「成城学園」、
「祖師谷大蔵」行きバスで「桜小学校」下車、
バス停のすぐ目の前に店があります。

○飲み物(予約時にAかBのどちらかをお選び下さい)
A.甘酒の焼酎割り(ソーダ割りかお湯割り/焼酎は黒霧島です)
B.甘酒ソイチャイ(甘酒+豆乳+紅茶)

○軽食
碁石茶おにぎり(高知の碁石茶)
かんずりチップ(新潟のかんずり)
プチトマトとうずらの黒酢ピクルス(鹿児島の黒酢)
セロリときゅうりのナンプラー麴漬け(埼玉の乾燥麴)
※なお、メニューは都合により、変更の可能性もあります。

○ご予約方法:koujinokoto@yahoo.co.jp 宛に
お名前、当日のご連絡先(携帯電話番号など)、
ご希望の飲み物(A or B)、人数を書いてメールしてください。
定員15名ですので、お早めに(先着順)お申し込み下さい。

当日は『麴巡礼』、その他の拙著の販売も行います。
ご希望の方には、サインをいたします。

+ + + + + + + + + + + + + + + + +

発売まであと2週間! わくわくします。
トークイベントなんて苦手なのですが
このカフェはとても雰囲気が良いので、選びました。

ワタクシの著書
からだに「いいこと」たくさん『麴のレシピ』
         (池田書店)2010/11/25発売
毎日がたのしくなる『塩麴のおかず』
         (池田書店)2011/8/26発売
☆『麴のおつまみ
        (池田書店)2012/5/28発売中

異例の、料理本とセットになった楽曲
わたくしの歌詞に、福岡在住のミュージシャン
「コロンビア浦野」さんが曲をつけて唄ってくれてます♡
塩麴のおかずのうた
(コロンビア浦野:ライブバージョン)

+ + + + + + + + + + + + + + + + +
[PR]
by misa-ono | 2013-04-11 09:36 | イベント | Comments(2)
Commented by siellah at 2013-04-14 02:49
新刊の発売、おめでとうございます!私も旅好きなので、すごくすごく興味をそそられるタイトルです。糀を作っている職人さんを訪ねるなんて、さらにツボにはまります。職人さんの仕事っていうのも大好きなテーマなので。今度日本に行ったらこの本を絶対に探したいです。:-)
そう、非常に遅ればせながら、先日こちらの韓国系のスーパーで塩糀と醤油糀が売られているのを発見して、「ここここれは!」と、ひとまずオーソドックスに(?)塩糀のほうを買ってみました。しかも、その後にたまたま入ったラーメン屋さん(日本から来ているチェーンらしいです)で、タイトルが「塩糀豚入りラーメン」(だったかな?チャーシューを塩糀でマリネードして料理されている感じと見ましたけど)なんていうのも発見しました。早速興味津々で注文しましたが、スープが塩糀がきいて少ししょっぱい気もしましたが、角がないまろやかな味に思えました。少しずつこちらの飲食業界にも日本の塩糀の人気が伝わってきているようです。ひとまずはアジア系のお店中心でしょうけれど。
これから買った塩糀で何を作ろうかと考え中です。塩糀初心者マークの私でも作りやすいレシピってありますでしょうか?
Commented by misa-ono at 2013-04-14 14:31
siella様 ありがとうございます!
我ながら良い本に仕上がってると思いますので(笑)、ぜひぜひ探して読んでみてください!
それにしてもカナダの(韓国系)スーパーに塩麴が売ってるとは!
塩麴ラーメンがあるとは! 驚きです!
貴重なレポート、ありがとうです!
塩麴は塩分量にもよりますが、大体素材の重さの10%を目安に、野菜にまぶしてビニール袋などに空気を抜いてお漬け物に、肉や野菜にまぶしてラップをして1晩置いて、焦げない様に注意して焼いて見てください! おいしいですよ〜( ´ ▽ ` )ノ
ゆで卵を1週間漬け込んだものも、オススメです!
<< 『青春と読書』に掲載されました。 『GLOW5月号(宝島社)』で... >>