ブログトップ

糀 料 理 研 究 室 [ 糀 園 ]

koujieeen.exblog.jp

みやここうじ(乾燥麴)実験

この間も少し書きましたが、
ここ最近、自分がうっかりテレビに出てしまったり、
その他の塩麴ラブな方々も塩麴絶賛宣伝中のせいか、
ちまたの麴の売れ行きがとても良いらしく、なんだか私まで嬉しい♪
昔はスーパーの片隅で、
寂しそうにたたずんで居た(様に見えた)のに…。

私は、生麴はネットで取り寄せており、
送料などを考えて、友人と一緒にキロ単位で頼むのですが
少量をぱぱっと使いたい時などは
近所のスーパーで「みやここうじ」という
乾燥麴を買う事が多い。
生麴と違い、長期保存もできるし、
スーパーですぐ買える手軽さも良い。
c0216405_13504549.gif

で、最近縁あって、みやここうじさんに
乾燥麴の事をちょこちょこ教えていただいている所。
わたくしの本も紹介していただいていて、嬉しい!
なのでみやここうじさんのHPに載っていた
塩麴の作り方で、作ってみました。
(多少の我流アリ。実験ですから・笑)
c0216405_13555628.gif

まずはみやここうじさん一袋(200g)。
塩は60gにしました。
c0216405_13562532.gif

300ccの熱湯に塩を溶かし入れて、60度まで冷まします。
c0216405_142449.gif

c0216405_1421942.gif

冷ましている間に麴をほぐし、
c0216405_1424952.gif

c0216405_143242.gif

お湯の温度も測り、全部を密閉容器に入れて
c0216405_1431735.gif

毛布でグルグル巻きにして放置。
本当は炊飯器にいれて
2〜3時間保温(フタは開けておく)らしいのですが
うちには炊飯器はございませんの(笑)。
なので放置したまま、お仕事に出かけました。
バスタオルとかタオルで巻いても良いと思います。

7時間後帰宅。

c0216405_14244433.gif

写真、下手なくせにアップ!(手ぶれ)
c0216405_1425615.gif

期待して見てみると、ふわふわの麴ちゃんです!
香りも良いし甘くておいしい〜〜〜♪
ぬるま湯作戦、良いかもです!
熱いお湯は麴ちゃん死んじゃうのでダメですよ〜。
でももう少し熟成させた方が良さそうなので
このまま、ゆるくフタをして常温で放置してみて
また、ご報告いたします。

ちなみに友人のスタイリストいとゆみちゃん
ここで実験してくれてます!

ワタクシも、麴の奥深さ、魅力を
まだまだ研究中でございます。
人によって、塩麴を作る時の塩の量、水の量も
違っていたり、作り方も色々だと思うのですが、
その人それぞれのやり方で良いと思っております。
お味噌の作り方がみんな違うのと同じで
手前味噌、ならぬ手前塩麴で!
要はうまけりゃ良かろうってなもんです。

狭〜〜〜い部屋の、狭〜〜〜い研究室(台所)で
日々、仕事の間にチマチマと実験して、
出来る限り、簡単でおいしいものを日々食べられるように
研究員達(食いしん坊の友人達)と研究(呑み会?)して
また、研究結果なんかをちょいちょい、
ご報告できれば、と思っておりますので
よろしくちゃんです。

-------------------------------------------
いつまで経っても糀は奥が深い!
そんな憎らしくも可愛い糀を使った調味料
塩糀の作り方その他はこちら!

そしてそんな塩糀レシピ他、糀ってなんやの? から
その他、糀料理のレシピまで、
糀の魅力を余すことなく伝えた糀LOVE本
麴のレシピ」絶賛発売中♪ このブログではここで紹介!
--------------------------------------------
[PR]
by misa-ono | 2011-03-11 14:15 | 塩糀の作り方 | Comments(0)
<< 地震 着物 >>